能代市民有林整備促進事業費補助金交付要綱

    〇能代市民有林整備促進事業費補助金交付要綱

平成27年3月31日

告示第35号

   (趣旨)

第1条 この告示は、林業生産基盤の強化や林業経営を持続できる体制づくりを図るため、民有林の整備を実施しようとする森林所有者等に予算の範囲内で交付する能代市民有林整備促進事業費補助金(以下「市補助金」という。)に関し、能代市補助金等の交付に関する規則(平成18年能代市規則第45号。以下「規則」という。)に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。

   (補助対象事業)

第2条 補助対象事業は、森林環境保全整備事業(平成14年3月29日付け13林整整第882号農林水産事務次官依命通知「森林環境保全整備事業実施要綱」に基づく事業をいう。)、森林整備加速化・林業再生事業(平成21年5月29日付け21林整計第83号農林水産事務次官依命通知「森林整備加速化・林業再生事業費補助金実施要綱」に基づく事業をいう。)及び森林整備加速化・林業再生総合対策事業(平成27年2月3日付け26林整計第733号農林水産事務次官依命通知「森林整備加速化・林業再生交付金実施要綱」に基づく事業をいう。)により採択された事業として市内において実施する民有林の整備(民有林の下刈、枝打、除伐、間伐又は森林作業道整備をいう。)とする。

2 森林作業道にあっては、秋田県森林作業道作設指針(平成23年6月1日付け森−887秋田県農林水産部
  長依命通知)に適合する作業道の開設及び改良であって、前項に規定する下刈、枝打、除伐又は間伐と一
  体的に実施し、整備後も継続的に使用されるものとする。

   (補助対象者)

第3条 市補助金の交付対象者は、森林所有者又は森林所有者から森林の経営の委託を受けた者とする。

   (補助金の額)

第4条 市補助金の額は、次の各号に掲げる施業の区分に応じ、当該各号に定めるものとする。

   (1) 下刈、枝打、除伐又は間伐 秋田県造林補助事業実施要領(平成20年7月10日付け森−826秋田
    県農林水産部長依命通知)で秋田県が定めた標準単価に事業量を乗じて求めた標準経費の100分の
    10以内

   (2) 森林作業道整備 1メートル当たり3,000円以内

2 補助金の算定に当たっては、1施行地ごとに1,000円未満を切り捨てるとともに、第2条第1項に規定する
  補助金と市補助金を加えた補助金の総額が民有林の整備に係る経費を超える場合は、当該経費から第2条
  第1項に規定する補助金を減じた額を市補助金の上限とする。

   (補助金の交付申請等)

第5条 市補助金の交付を受けようとするものは、事業完了後、速やかに規則で定める補助金等交付申請書に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

   (1) 民有林整備促進事業実績書(様式第1号)

   (2) 事業の経費の内訳を証する書類又はその写し

   (3) 事業の内容が確認できる現況写真又は資料

   (4) 第2条第1項に規定する国又は県の補助事業に採択されている場合にあっては、当該補助事業に係
    る補助金交付決定通知書の写し

   (補助金の交付決定)

第6条 市長は、前条の申請を受理したときは、その内容を審査した上で補助金の可否について決定し、能代市民有林整備促進事業費補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

   (補助金の確定)

第7条 規則第13条ただし書の規定により、前条の交付決定通知書をもって、補助金確定通知書に代えるものとする。

   (平27告示119・一部改正)

   (補助金の返還)

第8条 規則第16条に規定するもののほか、市補助金を受けた者が、民有林の整備に係る施業の完了年度の翌年度から起算して5年以内に当該事業の施行地を森林以外の用途に転用し、売り渡し、譲渡した場合、市長は補助金の全部又は一部の返還を命ずることができる。ただし、天災等の場合又は市長の承認を得た場合については、この限りでない。

   (その他)

第9条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

     附 則

 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

     附 則(平成27年8月31日告示第119号)

 この告示は、平成27年9月1日から施行する。

  様式(略)

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 林業木材振興課 林業木材振興係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2250
FAX:0185-89-2251
メールでのお問合せ