入湯税
1】市入湯税とは?
入湯税は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設及び消防施設その他消防活動に必要な設備の整備並びにそして観光の振興(観光施設の整備を含む)に要する費用にあてることを目的として、鉱泉浴場における入湯に対し、入湯客に課す税金です。

2】誰が納めるの?(納税義務者)
鉱泉浴場をを利用する入湯客です。

※鉱泉浴場とは、温泉法における温泉や鉱泉物質等を含有する鉱泉を利用している浴場をいいます。

3】納付するのは?(特別徴収)
鉱泉浴場の経営者が、入湯客から利用料金と一緒に税金を受け取って、1ヶ月分をまとめて翌月15日までに申告納税することになっています。

4】税率は?

1人1日について150円です。

ただし、次の人には課税されません。
★年齢12歳未満の人
★一般公衆浴場または共同浴場を利用する人
 ・・・など
                                         img1.gif

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 税務課 市民税係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2126
FAX:0185-89-1764
メールでのお問合せ