下水道事業の決算状況について

平成29年度 能代市下水道事業会計決算
 (平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)


《収益的収支(税抜き)》

汚水や雨水を処理する費用とその財源です。主な収入は下水道使用料と一般会計からの繰入金です。
当年度純利益は、1億2,231万2千円となりました。
  
                      


   ●収入の説明

      ・ 下水道使用料 …………   ご使用いただいた下水道の使用料
      ・ 他会計負担金・補助金…雨水処理などの経費に対する一般会計からの繰入金

   ●支出の説明

      ・ 経費……………………汚水処理、施設維持、使用料徴収などの経費、人件費
      ・ 減価償却費……………下水道施設の価値の減少を費用として計上したもの
      ・ 支払利息………………建設工事のための借入金などに対する利息

     ◎純利益……………………………一年間の事業活動により得られた利益。次年度以降の
                 建設改良費の不足額などに使用します。

《資本的収支(税込み)》

 
下水道施設を建設・改良するために必要な費用とその財源です。
 主な事業は、汚水に係る管きょ整備事業として向能代分区、長崎分区、東能代第一分区を、雨水に係る管きょ整備事業として港町排水区を整備しました。管きょ改修事業としては、港町排水区管きょ改修工事を実施しました。また、能代終末処理場他2中継ポンプ場の増設及び再構築(第2期)工事も実施しました。
            
           

    ●収入の説明

      ・ 企業債……………建設工事のための借入金
      ・ 国庫補助金………工事に伴う国からの補助金
      ・ その他……………下水道受益者負担金や市からの出資金など
      ・ 不足額……………収入額が支出額に対して不足する額は、減価償却費などで
               補てんします

    ●支出の説明

      ・ 建設改良費………終末処理場や下水道管などの工事等に係る経費
      ・ 企業債償還金……建設工事のための借入金の元金返済


(下水道事業経営の今後の見通し)

 
平成28年度の使用料改定以降、純利益を確保し、適切な収支の均衡が図られています。
 今後、新規接続者による使用料の増加が見込まれるものの、施設の維持管理費や減価償却費の増加も見込まれるため、安定的な経営が維持できるように引き続き収益の確保や効率的な事業運営に努めます。

 

 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
都市整備部 公営企業管理課 管理係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-74-8072
FAX:0185-89-1780
メールでのお問合せ