平成26年4月からの医療費の自己負担割合変更についてのお知らせ

70歳から74歳の皆さまへ
医療費の自己負担割合についてお知らせです

 70歳〜74歳の方の医療費の自己負担割合(窓口負担)について、法律上は2割負担の方は、これまで国の特例措置によって1割負担に据え置かれてきました。
 これが平成26年4月から下記のとおり見直されます
 
(一定以上の所得があり、3割負担となる方は除きます)

◆誕生日が昭和19年4月2日以降の方は、誕生日の翌月より負担割合が割負担となります
◆誕生日が昭和19年4月1日以前の方は、特例措置により負担割合が据え置かれます
 

 例:誕生日が昭和19年4月2日以降の方

 平成26年度以降に70歳になられる方について、本来の2割負担に見直されます(一定以上の所得があり、3割負担となる方は除きます)。
 

70歳到達月まで

 70歳からの
所得区分
(※) 

70歳の誕生日の翌月から
(1日生まれの方はその月から)

3割負担

 一般

  2割負担

 現役並み
所得者

 3割負担のまま

    ※ 区分についての詳細は「平成27年1月からの高額療養費制度の自己負担限度額について」のページをご覧ください。

 例:誕生日が昭和19年4月1日以前の方

 平成25年度までに70歳になられていた方について、負担割合に変更はありません。 
 

平成25年度中の
所得区分
(※) 

  平成25年度まで

平成26年度  

 一般

 (特例措置により)
1割負担

 (特例措置により)
1割負担のまま

現役並み
所得者

   3割負担  

 3割負担のまま

   ※ 区分についての詳細は「平成27年1月からの高額療養費制度の自己負担限度額について」のページをご覧ください。
 

 高齢受給者証の交付について

 能代市国民健康保険に加入している方で70歳になられる方については、誕生日の翌月1日(誕生日が1日の場合はその月)から使用していただく受給者証を、随時送付します。

 高齢受給者証の有効期限について

 有効期限は「7月31日」となっています。
 8月以降の分は新年度の所得をもとにあらためて判定しなおし、7月中にお送りいたします。
 有効期限が「7月31日」以外になっている方については、有効期限後の国保加入者で、あらためて負担割合を判定しなおし、新しい高齢受給者証を更新します。
 (75歳になられる方は誕生日から後期高齢者医療制度に加入となります。)

問合せ

市民保険課国民健康保険係 (1〜4番窓口) 電話 0185−89−2166
二ツ井地域局市民福祉課市民国保係 (2番窓口) 電話 0185−73−2114 

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 市民保険課 国民健康保険係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2166
FAX:0185-89-1773
メールでのお問合せ