減塩すしめしで「春のちらし寿司」

 

春のちらし寿司

減塩すしめしで
行間あき
ちらし寿司
行間あき

1人あたり381kcal/塩分1.4g
行間あき

【ポイント】
 菜花は色よく仕上げるために、つけ汁が冷めてからつけ込みましょう。昆布茶を入れることで、塩を使わずに減塩のすし飯を作れます。ごまは、混ぜ込まずに散らすことにより風味が引き立ちます。

行間あき 

材料

【 材 料 】 (5人分)
 米 2.5合
     
 合わせ酢
  レモン汁 大さじ2杯
  昆布茶 大さじ1杯 

 錦糸卵
  卵 2個
  砂糖 小さじ1杯強
  油 小さじ1杯   

 かに風味かまぼこ 3本

 とびこ(またはイクラ)大さじ2杯

 白ごま 6グラム(小さじ2杯)

 焼きのり 少々

<具>
 たけのこ(水煮) 120グラム
 にんじん 30グラム
 菜花 100グラム

<具の煮汁> 
 だし汁 120cc
 酒 大さじ1杯強
 みりん 大さじ1/2杯
 しょうゆ 小さじ2杯

行間あき

【 作 り 方 】 

(1)ごはんは、普通の水加減で炊く。

(2)たけのこは食べやすい大きさ、菜花は 
 食べやすい長さ、にんじんも食べやす
 い大きさ(型で抜いてもよい)に切り、茹で
 て水にさらす。

(3)鍋にだし汁・酒・みりん・しょうゆを入れ、
 (2)のたけのこ・にんじんを加えて煮立た
 せる。冷まして、味をしみ込ませる。

(4)(3)が冷めたら菜花を加えて、さらに味
 をしみ込ませる。

(5)フライパンに油をひき、砂糖を加えた卵
 を流し入れ、薄焼き卵を作る。これをせん
 切りにして、錦糸卵にする。

(6)かに風味かまぼこは、縦に裂いておく。

(7)ごはんにレモン汁・昆布茶を加えてすし
 飯を作り、冷めたら器に盛りつけ、ごま・
 錦糸卵を散らす。

(8)(7)にたけのこ・にんじん・菜花・かに風
 味かまぼこ・とびこを飾り、のりを散らす。

作り方

作り方

作り方







 

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 健康づくり課 健康増進係
〒016-0157
秋田県能代市字腹鞁ノ沢19番地3
電話:0185-58-2838
FAX:0185-58-2930
メールでのお問合せ