疲れた胃の回復に「かぶ雑炊」

 

かぶ雑炊

疲れた胃の回復に
行間あき
かぶ雑炊
行間あき

1人あたり225kcal/塩分0.9g
行間あき

【ポイント】
 かぶは、春の七草の一つです。根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜です。根には炭水化物の消化を促す酵素を含むので食べ過ぎや飲み過ぎによる胃腸の不調を整えるのに有効です。暴飲暴食などで、疲れた胃を整えるためにも消化のよい食事をして、今年も健康で元気に過ごしましょう!

行間あき 

材料

【 材 料 】 (2人分)
 冷やご飯 200g
 水 300cc
 鶏ガラスープ 小さじ1
 梅干し 1個
 かぶ 1/2個
 卵 1個
 塩昆布 1つまみ

行間あき

【 作 り 方 】 

(1)かぶは根の部分はいちょう切り、葉の部分はみじん切りにする。


(2)梅干は細かく刻んでおく。


(3)水(300cc)に鶏ガラスープ、いちょう切りにしたかぶを入れてひと煮立ちさせる。


(4)(3)に冷やご飯、塩昆布を入れる。ぐつぐつ煮立ってきたら溶き卵を入れ、半熟状態のところでかぶの葉を入れて卵が固まったら完成。


(5)器に盛り付け、最後に梅干しを上にトッピングして出来上がり。

材料1

材料2

材料3







 

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 健康づくり課 健康増進係
〒016-0157
秋田県能代市字腹鞁ノ沢19番地3
電話:0185-58-2838
FAX:0185-58-2930
メールでのお問合せ