風邪予防「さつま芋のレモン生姜煮」

 

さつま芋のレモン生姜煮

風邪予防
行間あき
さつま芋のレモン生姜煮
行間あき

1人あたり84kcal/塩分0.3g
行間あき

【ポイント】
 さつま芋とレモンには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは白血球の働きを強化し免疫を高めるため、風邪をひきにくくする効果があります。生姜は新陳代謝を高めるので日常的に食べれば風邪の予防にもなります。
 ダブル効果で風邪に負けない体を作りましょう。

行間あき 

材料

【 材 料 】 (4人分)
 さつま芋 300g(中1本)
  砂糖 大さじ2
  塩 ひとつまみ
  生姜 20g
  レモン汁 大さじ2

行間あき

【 作 り 方 】 

(1)さつま芋は輪切りにして水にさらす。

(2)鍋にさつま芋を入れ、ひたひたの水、
  砂糖、塩を入れる。
  蓋をして中火にかける。

(3)さつま芋がやわらかくなったら、千切り
  の生姜、レモン汁を加え、蓋を外し弱火
  で汁気が少なくなるまで煮詰める。

画像1

画像2

画像3







 

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 健康づくり課 健康増進係
〒016-0157
秋田県能代市字腹鞁ノ沢19番地3
電話:0185-58-2838
FAX:0185-58-2930
メールでのお問合せ