外国人住民の「住基ネット」、「住基カード」の運用について

 2012年(平成24年)7月から外国人住民についても日本人と同様に住民基本台帳の適用対象となりました。
 2013年(平成25年)7月8日から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の運用が開始されてます。住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の方の住民票に住民票コードが記載され、住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができます。

◎外国人住民の方も住民票へ住民票コードが記載されます

・日本人住民と同様に、外国人住民の方にも住民票コードが記載され、2013年(平成25年)7月8日から郵便で本人へ通知されます。一部の行政手続きにおいて、住民票コードの記載を求められることがありますので、住民票コード通知票は大切に保管してください。
※住民票コードは、「住基ネット」において全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、無作為の11桁の番号です。

◎外国人住民の方も住民基本台帳カード(住基カード)の交付を受けることができます

・外国人住民の方も申請により、有料で住基カードを取得することができます。
※住基カードは、セキュリティに優れたICカードで、「顔写真付き住基カード」は公的な証明書としても使えます。


詳しくは下記ホームページをご覧ください。
総務省 
「外国人住民の方についても『住基ネット』『住基カードの運用』が始まります」(日本語)
英語(English)  中国語(簡体字)  中国語(繁体字)  韓国語  ポルトガル語  スペイン語

総務省「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」

総務省「住民基本台帳ネットワークシステムのホームページ」

総務省「住民基本台帳カード総合情報サイト」

ページトップへ

このページに関する情報
関連情報
関連リンク
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 市民保険課 窓口サービス係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2133
FAX:0185-89-1768
メールでのお問合せ