平成24年度環境監査報告

●環境監査とは

 市の環境マネジメントシステムが、LAS−Eの基準に沿って適切に運用されているか、各課、各施設、各職員の取組みが適正に実行・維持されているか否かを環境監査の実施により検証します。環境監査委員会は市民および事業者、行政組織の代表(任意)、LAS−E事務局から派遣される専門家等で構成され、システムの対象範囲すべての実行部門を環境監査の対象とします。
 監査方法は、環境監査委員が各実行部門を訪問し、システムに関係する書類(会議資料や報告書類等)の確認、現場目視(ごみの分別状況や節電の方法等)による取組状況の確認、職員へのインタビュー(省エネ・省資源など普段から気を付けていること等)等により行います。

 環境監査の結果は環境監査委員会が取りまとめ、LAS−E判定委員会に報告します。

●平成24年度環境監査について

<実施日>
 平成24年11月14日(水曜日)〜16日(金曜日)

<対象>
・環境マネジメント推進本部
・82実行部門
・推進事務局

<環境監査委員>
・民間8名
・市職員7名
・専門家3名
 計18名

<共通実施項目監査>
1.エコアクション(環境活動)部門 第1ステージ
 A101、A102、A103、A104、A105、A106、A107、A108、A109

2.エコマネジメント(環境経営)部門 第1ステージ
 B101、B102、B103、B104、B105、B106、B107、B108、B109

3.エコガバナンス(環境自治)部門 第1ステージ
 C101、C102、C103、C104、C105、C106

4.エコアクション(環境活動)部門 第2ステージ
 A205、A206、A207、A208、A209

●環境監査の概要

 平成24年11月14日(水曜日)から16日(金曜日)までの3日間の日程で、平成24年度の環境監査が行われました。

 環境監査には、市民、事業者、LAS−E事務局、職員代表の環境監査委員計18名が参加し、5チームに分かれて環境マネジメント推進本部と各実行部門をまわり、環境監査を行いました。

  3日間で38の実行部門を監査チームが実際にまわり、口頭確認、文書確認、現場目視などの方法で、各実行部門、各職員の取り組み状況を点検しました。
インタビューは、推進本部員、実行責任者、環境マネージャー、一般職員に対して行われました。

 環境監査チームが各実行部門の監査結果を個別所見として作成し、それらをもとに仮環境監査報告をまとめ、全日程が終了しました。

 後日、個別所見や環境監査委員の意見をふまえた能代市全体の総合所見が示され、環境監査報告書が提出されました。

 今回の環境監査の結果は、12月27日に開催されるLAS−E判定委員会で審議され、 最終的な判定が出されます。

●環境監査委員会からの総合所見
 
 (1)全体評価

監査の結果、エコマネジメント部門の3項目で「勧告(×)」と評価したほかは、個々の職場における環境に関する取り組みは概ね実施されていると評価します。

実施率が50%となったB105とB107は、部署間の協議組織である環境マネージャー代表会議および市長と環境に関して協議する環境マネジメント推進本部会議が今年度まだ開催されていなかったことによるもの、実施率が57%のB108は、環境負荷発生量を把握していなかったことによるものです。2年連続して「勧告(×)」と評価したB105については別途、是正勧告書を作成しましたのでご確認ください。

こうした状況は、PDCAサイクルを回す原動力を失いつつあることの表れと考えられます。早急に環境マネジメント推進本部会議および環境マネージャー代表会議を開催し、人的にも物的にも制約がある中で、能代市の環境を改善・向上させ地球環境を良くしていくため、そして環境基本計画や地球温暖化対策実行計画、再生可能エネルギービジョン策定、施設の新設や更新など現在進行中の計画を推進したり、課題に対応したりするためにはどのような仕組みが効率的で有効なのか、庁内で動いている同様の仕組みも洗い出し、それぞれの意義を整理するなどして、最適な方法を再構築してください。

(2)個別評価の内容

「改善要望(△)」が集中した設問番号27は、環境負荷発生量についての定量的・定期的把握に関するもので、各職場で集計はしていましたが、例年なされていた事務局からの要請がないので報告していなかったというものです。監査委員会で検討した結果、依頼がなくても報告すべきという理由から「改善要望(△)」と評価するとともに、例年どおり要請しなかった事務局に対しても「改善要望(△)」と評価しました。

次に「改善要望(△)」の指摘が多かった設問番号24は、学校において環境マネジメントシステムの研修に欠席し、内容を知らなかったというものです。学校に対しては事務局からの連絡方法に工夫が必要と判断し、「勧告(×)」ではなく「改善要望(△)」と評価しました。

昨年度の監査結果と比較すると、「改善要望(△)」と「勧告(×)」の合計は10個から15個(事務局分を規格項目に分解して計算すると17個)に増加し、「大変良い(◎)」は33個から26個に減少しました。「大変良い(◎)」の減少については、監査委員の見る目が厳しくなったことによるもので、多くの職場で優れた取り組みが見られました。

 

(3)省エネ、節電

監査でインタビューした際に複数の職場から、市で取り組んでいる省エネや節電は行き過ぎではないかという声が聞かれました。昨年度の監査報告書にも書きましたが、業務や職員の健康に無理のない範囲で取り組むようにしてください。照明と室内レイアウト、OA機器と電源の配置などにより、工夫する余地はまだありそうです。  

ページトップへ

このページに関する情報
関連ファイルのダウンロード
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 環境衛生課 環境保全係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2173
FAX:0185-89-1769
メールでのお問合せ