予防接種を受ける際の注意点

 

予防接種を受ける際の注意点

1.一般的注意

予防接種は健康な方が元気な時に接種を受け、その病原体の感染を予防するものですから、体調のよい時に受けるのが原則です。日ごろから保護者の方はお子さまの体質、体調など健康状態に気を配ってください。そして何か気にかかることがあれば、あらかじめかかりつけの医師や子育て支援課にご相談ください。
 以下の注意を守って、安全に予防接種を受けられるよう、保護者の皆さんもご協力ください。

(1)受ける予定の予防接種について、市からの説明書(お知らせや冊子)をよく読んで、必要性や副反
     応についてよく理解しましょう。わからないことは事前に医師または子育て支援課に問い合わせ
   ておきましょう。
(2)受ける前日は入浴(またはシャワー)をし、体を清潔にしましょう。
3)当日は朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認してくださ
     い。接種に行く予定をしていても、体調が悪いと思ったら、やめる勇気をもちましょう。

4)清潔な衣服を着衣させましょう。
(5)接種を受けるお子さんの日ごろの状態をよく知っている保護者の方が付き添いましょう。
(6)予診票はお子さんを診て接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょ
     う。

(7)母子(親子)健康手帳を必ず持っていきましょう。

2.予防接種を受けることができない方
(1)明らかに発熱のある方
   
一般的に、熱のある方は、接種する場所で測定した体温が37.5℃以上の場合をさします。

(2)重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
   
重い急性疾患にかかっている場合には予防接種を受けることができない場合があります。かかりつ
     け医とよくご相談ください。

(3)その日に受ける予防接種に含まれる成分でアナフィラキシーをおこしたことのある方
   
「アナフィラキシー」というのは通常接種後、約30分以内におこるひどいアレルギー反応のこと
   です。発汗、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐(おうと)、声
   が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるようなはげしい全身反応のことで
   す。

(4)生ワクチン[麻しん(はしか)風しん、水痘、おたふくかぜ、BCG等]の場合は妊娠していること
   が明らかな方

(5)その他、医師が不適当な状態と判断した場合
   
上の(1)〜(4)にあてはまらなくても医師が接種は不適当であると判断したときはできませ
   ん。
 

3.予防接種を受けるに際し、お医者さんとよく相談しなくては
  ならない方

 
下記に該当すると思われる方は、かかりつけの医師と相談して、接種時期などを決めましょう。

(1)心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気などで治療を受けている方

(2)未熟児で生まれた方、発育について医師や保健師の指導を継続して受けている方

(3)カゼなどのひきはじめと思われる方
   
このようなときは体の状態がはっきりするまで、なるべくやめておきましょう。

(4)前に予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発しん、じんましんなどアレルギーを思わす異常が
   みられた方

(5)薬の投与を受けて皮膚に発しんが出たり、体に異常をきたしたことのある方

(6)これまでにけいれんをおこしたことがある方
   けいれ
んのおきた年齢、そのとき熱があったか、熱がなかったか、その後おきているか、受ける
   ワクチンの種類はなにか、などで条件が異なります。熱性けいれんと診断された場合は、最終発
   作から2〜3か月の期間をおけば接種ができますが、必ずかかりつけの医師と事前によく相談し
   ましょう。

(7)過去に中耳炎や肺炎などによくかかり、免疫状態を検査して異常を指摘されたことのある方

(8)たまごやゼラチンにアレルギーのある方
   
ワクチンには抗原のほかに培養に使う細胞の成分(たまごなど)、抗生物質、安定剤(ゼラチンな
   ど)などが微量ながら入っていますので、これらにアレルギー反応があると言われたことのある方

(9)1か月以内に家族の中で、または遊び友達、クラスメートの間に、麻しん(はしか)、風しん、お
   たふくかぜ、水痘(みずぼうそう)などの病気が流行し、予防接種を受ける本人がその病気にか
   かったことがない場合
(症状が現れていなくても、その病気の潜伏期に入っている場合がありま
   す。)

 
 

 

接種間隔の数え方
予防接種の間隔を数える時には,接種した日を数えずに計算します。

例)月曜日に不活化ワクチン(三種混合・日本脳炎・インフルエンザ等)を接種した場合6日以上あけると次の月曜日には接種可能です。 

 

接種日

 

1日め

 

2日め

 

3日め

 

4日め

 

5日め

 

6日め

 

次の接種が可能

生ワクチン(27日以上あける)や病気にかかった後の間隔などについても同様の数え方で間隔をあけます。

 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 子育て支援課 子育て世代包括支援センター
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2948
FAX:0185-89-1679
メールでのお問合せ