東日本大震災支援能代市民協議会の活動について


1 活動概要
   東日本大震災支援能代市民協議会は、東日本大震災で被害を受けた方々に対し能代市民が
  一丸となって支援することを目的として、市内35団体により平成23年3月29日に設立された。
   市民協議会では、主に、銀河連邦の構成団体である大船渡市に、災害時における相互応援
  の協定に基づき、民間事業所等の職員、市民ボランティアの派遣や義援金の募集、支援物資
  の募集搬送等の支援活動を行った。
   5月1日には、大船渡市三陸町吉浜の吉浜地区公民館内に活動拠点として能代市災害支援
  センターを設け、市民ボランティア等の宿泊場所を確保した。市民ボランティアの派遣は、6月ま
  では、3泊4日、7月以降は、1泊2日の日程で行い、11月20日をもって終了した。これに伴い
  12月21日には、能代市災害支援センターを撤収した。
   その後も、大船渡市視察及び復興支援買物ツアーなどを実施した。
2 東日本大震災支援能代市民協議会事業実施状況(H23.3.29〜H24.7.31)
事 業 項 目 実 施 状 況
                   
  市民協議会に対する寄附金の受付  43団体1個人から8,116,003円の寄附があっ
  た。  
     
 支援物資の募集及び搬送  市民からの支援物資を受け付け、非常食、飲料水
 (平成23年3月14日〜7月6日) 医療・衛生用品、紙おむつ、文具、絵本、布団セット
  等を10回にわたり約800箱大船渡市へ搬送した。
     
 市民ボランティアの派遣  貸切バスを運行し1泊2日の日程で9回、日帰りで
 (平成23年7月9日〜11月20日) 1回の10回にわたり、市民ボランティア176人を派
  遣した。  
     
 避難者の支援  市内の震災被災者及び原発避難者へお米(あき
 (平成23年4月14日〜5月13日) た白神農業協同組合提供)を届けた。  
     4月14日〜15日 49世帯129袋(5kg入り)
     5月12日〜13日 35世帯 93袋(5kg入り)
     
 その他の支援    
 (平成23年5月12日)  木製の間仕切りボードを製作し、大船渡市内の避
  難所に設置した。  
       
 (平成23年5月27日)  仮設住宅に布団セット(45組)を提供した。
       
 (平成23年7月16日〜17日)  能代市災害支援センターのある大船渡市吉浜地
  区住民との交流会を行い、翌日、大船渡地区避難
  所の炊出しを行った。  
       
 (平成23年7月25日) 大船渡市へ支援金1,000,000円を寄附した。
       
 (平成23年8月3日〜5日)  大船渡市末崎小中学校児童生徒(28名)をのしろ
  子ども七夕へ招待した。  
       
 (平成23年10月14日〜17日)  きみまちマラソン招待事業参加児童(17名)へ、
  飲み物、デザート等の差入れを行った。
       
 (平成23年11月 3日〜 5日)  大船渡中学校野球部(29名)秋田合宿へ、スポー
    ツ飲料の差入れを行った。  
       
 (平成23年12月23日)  大船渡市視察及び復興支援買物ツアー(参加者2
    2名)を行った。  
       
 (平成24年3月24日)  能代市赤十字奉仕団による沢川応急仮設住宅で
    の炊出しに対し、交通費の助成を行った。
           


 【参考】市民ボランティア及び市職員等派遣実績 

平成23年3月14日〜平成23年12月31日
派遣場所 支援内容 市民ボランティア 社会福祉協議会 民間事業所職員 市職員 他町・広域職員
大船渡市 支援物資仕分・運搬業務 58 32 17 73 18 198
支援金給付業務       20 28 48
がれき撤去等業務 118 8       126
保健師巡回業務     19 71 1 91
健康管理データ入力業務       18   18
給水業務       44   44
現地調整業務       3   3
その他   3 6 68   77
山田町 避難所支援       20   20
大崎市 給水       8   8
合計   176 43 42 325 47 633

 

3 東日本大震災支援能代市民協議会会計収支状況報告書(H23.3.29〜H24.7.31)

収   入 (単位:円)
項     目 収入金額 備  考
           
寄附金(別紙資料) 8,116,003  43団体1個人  
利 息 490    
       
合     計 8,116,493        
支   出 (単位:円)
項目(活動内容) 支出金額 備  考
                   
避難所間仕切りボード製作及び設置 572,353 ハードボード500枚 他 530,118
    運搬用車両分ガソリン 42,235
                   
       
仮設住宅用布団セット購入、搬送  441,000  45組分      
       
市民ボランティアの派遣 2,063,294 バス代(7月〜11月) 1,333,500
    車両レンタル(5・6月) 420,000
    活動用ジャンパー、ベスト 151,200
    災害支援センター撤収用 65,092
    ボランティア賄料 ほか 93,502
                   
       
大船渡市吉浜地区住民とボランティア 473,214 交流会及び炊出し賄料 315,714
の交流会及び避難所炊き出し   バス代(7/16〜7/17) 157,500
                   
       
大船渡市への支援金の寄付     1,000,000  7/25      
       
のしろ子ども七夕招待事業 462,750 児童生徒(28名)の宿泊費及び食事代等
      322,750
    バス代(8/3〜8/5) 140,000
                   
       
きみまちマラソン招待事業参加者への 21,730 ジュース・果物等(17名)
差し入れ                  
       
大船渡中学校野球部秋田合宿差し入れ 7,350 スポーツ飲料(29名)  
                   
       
大船渡市視察及び復興支援買物ツアー 128,300 バス代(12/23)  
                   
       
その他事務費 29,410 記念写真 7,260
    役員会用切手代 他 14,260
    振込手数料 3,690
    お礼用菓子代 4,200
       
合     計 5,199,401        
                   
収入金額 8,116,493円 − 支出金額 5,199,401円 =残額 2,917,092円

 
  <参考:大船渡市の現況について>
  
大船渡市企画政策部企画調整課から、支援活動等の現況(平成24年7月現在)について、次のとおり情報提供がありました。
 
 

(1) 大船渡市ボランティアセンターについて

現在、金、土、日のみボランティアを受付けています。一日につき、40〜50名に参加いただいています。需要は、「イベントの会場づくり」、「草刈り」、「仮設住宅の引越し(仮設から修繕の終わった自宅へor仮設住宅からより便の良い仮設住宅へなど)、稀に「道路の側溝の泥上げ」 など


(2) 支援物資について

充足しています。嗜好品等をご支援いただく際は、少なくとも仮設住宅全てへ行き渡るものであれば受け入れていますが、市内業者の復旧に支障をきたす場合もあるため、基本的にはお断りしています。


(3) 心のケア・見守りについて

現在、北上市の支援をいただき、市内仮設住宅全てに1人以上の生活支援員(多くは被災した市民の雇用によります)を配置しています。また、その他のNPO団体等により、仮設住宅での茶話会支援や、買い物代行、見守り・声かけ等が行われております。
   

(他団体の動き)

 ・  大船渡仮設住宅支援員配備事業(きたかみ復興支援協働体)

国の緊急雇用制度を利用して、北上市等が民間会社に業務委託し、大船渡市の被災者を仮設住宅の支援員として配置している。現在37仮設住宅に計70人の支援員を配置

  ・  買物代行事業(NPO法人参画プランニング・いわて)

仮設住宅での日用品、食料品、雑貨等の買い物の代行を行う。

  ・  大曲花火大会への招待

 大船渡市内被災者40人を招待
 
 
(4) 仮設住宅集会所でのイベントについて

コミュニティづくりともあいまって、喜ばれているようすです。(内容はさまざまですが、歌・踊り・カラオケ・セラピー犬とのふれあい・絵本の読み聞かせ・人形劇・プロレス興行・料理講習 など、さまざまです)


(5) 仮設店舗等市内店舗の支援について

お買い物ツアーや、市内宿泊所や飲食店等を利用いただく被災地ツアーも喜ばれているようすです。また、そろそろ、市のイベントも再開されており、そちらへの参加ツアーも喜ばれているようすです。

1021日 大船渡市さんままつり、再開します)

 

(6) 市役所の業務について

地域再生・生活再建が最優先〜具体的には、防災集団移転(高台移転)、土地区画整理の住民の合意形成、漁港等水産施設整備、起業等雇用の確保 など、他の自治体等のご支援にはそぐわない内容です。


 

 大船渡市の長期派遣職員の状況(8月1日現在)

職種(人数)

主な業務

    派 遣 元

 

 

一般事務(14)

 

家屋調査、減免の市税還付、ケースワーカー、仮設住宅入居高齢者福祉サービス、用地買収・登記等

相模原市(3)、奥州市(2)、盛岡市、北上市、金ヶ埼町、板橋区、佐久市、浜松市、和光市、山武市、泉佐野市(各1

 

 

土木(16)

市道・学校施設・漁港の災害復旧工事・造成工事・設計監督、復興計画策定、土地区画整理事業等

浜松市(4)、相模原市、藤沢市(2)、越谷市、板橋区、国立市、神奈川県、横須賀市、佐久市、犬山市、宇部市(1)

 

建築(2)

魚市場建設工事・設計監督、土地区画整理事業、防災集団移転促進事業

板橋区、藤沢市

埋文(2)

埋蔵文化財発掘調査

北上市、浜松市(1)

化学(2)

廃棄物処理及び補助金申請

浜松市、三重県(1)

計(36)

 

 


 銀河連邦関連行事

8月4日(土)能代市長が三陸・大船渡夏まつりに出席。



市民協議会の活動状況をご覧ください。

(1) 市民ボランティアの活動




(2) 吉浜の皆さんと能代市ボランティアの交流会(7月16日)




(3) 大船渡地区公民館の避難生活者の皆さんへの炊き出し(7月17日)

 
 

 (4) 大船渡市被災児童の「子ども七夕」招待(8月3日〜5日)



(5) 大船渡市視察「復興支援師走のお買物」(12/23)



 

ページトップへ

このページに関する情報
関連ファイルのダウンロード
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 総務課 行政係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2113
FAX:0185-89-1762
メールでのお問合せ