熱中症予防について
熱中症を予防して元気な夏を!


  熱中症の発生は7、8月がピークです。急に暑くなった日や室内にいる時でも注意が必要。熱中症を知り、
しっかり予防して、楽しい夏を過ごしましょう。
熱中症とは
 高温多湿なところで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、
めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、さまざまな症状をおこす病気です。
熱中症予防のポイント
●のどが渇いたなと感じたら必ず水分補給を!
●保冷剤、氷、冷たいタオルなどで体を冷やす
●こまめな休憩、吸湿、速乾の衣類の着用
●日ごろから栄養バランスの良い食事と体力づくりを!
こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう
・自分で水が飲めなかったり、脱力感や倦怠(けんたい)感が強く、動けない場合
・意識がない(おかしい)、全身のけいれんがあるなどの症状がある場合



現在、熱中症予防声かけプロジェクトが行われています。

詳しくは、関連リンクからご覧ください。

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 健康づくり課 健康増進係
〒016-0157
秋田県能代市字腹鞁ノ沢19番地3
電話:0185-58-2838
FAX:0185-58-2930
メールでのお問合せ