なぜ後期高齢者医療制度が必要となったの?

 75歳以上の方の医療は老人保健制度により運営されておりましたが、老人保健の医療費は約11兆円(平成18年度推計)で、国民すべての医療費のうち、約3分の1を占めておりました。

 老人保健の医療費は公費(国・県・市)で五割を負担し、残りを国保や社会保険等の各医療保険の保険料からの拠出金で負担しておりましたが、高齢者と現役世代、それぞれの負担がはっきりしない仕組みになっておりました。

 そこで、高齢者の医療費を公平でわかりやすい形で負担していくために、高齢者の皆様が安心して医療を受けられるよう、国民全体で支えあう新しい制度が創設されました。

   

 

 

   お問い合わせ先


 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
  (能代市役所 新庁舎1階 1〜4番窓口)
   電話:0185−89−2159


 二ツ井地域局市民福祉課 市民国保係
  (二ツ井町庁舎 1階 2番窓口)
  電話:0185−73−2114

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2159
FAX:0185-89-1773
メールでのお問合せ