医療費が高額になったとき(高額療養費)

高額療養費とは

>>

1カ月(各月の1日〜月末)の間の医療費(保険適用分)が、自己負担限度額(上限額)を超えた場合に、上限額を超えた分を給付する制度です。

 

※ 自己負担限度額は、世帯の課税状況等で決まる所得区分によって金額が異なります。
   詳しくは関連情報「医療費の負担はどうなるの?」をご確認ください。


高額療養費の申請方法(振込先口座の登録)

 

・ 窓口申請の場合

 

必要なもの

 

対象者本人の保険証、印鑑(認印)、口座番号が分かるもの(通帳など)、
マイナンバーの確認に必要な書類、身元確認に必要な書類

 

・ 郵便申請の場合

 

 関連ファイルから申請書を印刷し、記入例にならって記入・押印して、郵送してください。

必要なもの

 

記入・押印した申請書、マイナンバーの確認に必要な書類のコピー、
身元確認に必要な書類のコピー


高額療養費の支給

>>

申請により登録された口座に振り込みます

>>

医療費を支払ってから高額療養費が振り込まれるまで、2〜3ヶ月ほど時間がかかります

>>

一度、申請をいただければ、その後の該当分は自動的に登録口座へ振り込まれま

 

電話のみでの申請はできません。
  また、ATMの操作をこちらから促すことはありません。不審な電話がありましたら、最寄り 
  の警察署・交番・駐在所、消費生活相談窓口へご連絡ください。

 

 

 

 医療費の自己負担限度額(上限額)

平成30年8月から 

所得区分

 

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

現役3

252,600円+(医療費−842,000円)×1%
<140,100円>

現役2

167,400円+(医療費−558,000円)×1%
<93,000円>

現役1

80,100円+(医療費−267,000円)×1%
<44,400円>

一般

18,000円※1

57,600円
<44,400円>

低所得2

8,000円

24,600円

低所得1

15,000円

 ※1 1年間(8月〜翌年7月)の外来の自己負担額の上限は144,000円です。
 
 ●< >内は、外来+入院(世帯単位)の限度額を超える高額療養費の支給を受けた月が、
  直近12か月以内に4回以上ある場合、4回目からの限度額となります。
 
 ●後期高齢者医療保険に加入した月のみ、限度額は上記の半額となります。
 

 

 

   お問い合わせ先


 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
  (能代市役所 新庁舎1階 1番〜4番窓口)
   電話:0185−89−2159


 二ツ井地域局市民福祉課 市民国保係
  (二ツ井町庁舎 1階 2番窓口)
  電話:0185−73−2114

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連情報
関連ファイルのダウンロード
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2159
FAX:0185-89-1773
メールでのお問合せ