平成30年度の保険料はいくらかかるの?

●保険料について
・後期高齢者医療保険の加入者(=被保険者)一人ひとりに納めていただきます。
・保険料の計算方法は、秋田県の各市町村で同じ方法をとっています。


●保険料の計算方法
 平成29年中(平成30年度住民税の課税対象分)の「総所得金額等」(関連リンクをご覧ください)によって決まります
 

年間保険料

均等割額

 年間の保険料は、均等割額と所得割額の合計から計算されます。

所得割額




 

 ■ 均等割額


計算方法

 均等割(39,710円/年)の軽減に該当するかどうかを、右表のとおりに判定します   

注意点

・専従者給与は事業主の収入として計算されます

・1月1日時点で65歳以上である方は、軽減を判定する際の年金所得を「年金収入−(年金控除+15万円)」とします

区分

均等割の年額

世帯内の「被保険者+世帯主」の総所得金額等の合計額が・・・

9割軽減

3,971 円

 基礎控除(33万円)以下で、かつ世帯内の被保険者が全員「(年金収入−80万円)+総所得金額等の合計が0円以下」である

8.5割軽減

5,956 円

 「基礎控除(33万円)」以下

5割軽減

 19,855 円

 「基礎控除(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数」以下

2割軽減

 31,768 円

 「基礎控除(33万円)+50万円×世帯の被保険者数」以下

軽減無し

 39,710 円

 上記に該当しない

 
※ 平成30年度も、「5割軽減」と「2割軽減」の対象者が拡充されます。

年度

 

28年度

29年度

30年度

5割軽減

26.5万円

27万円

27.5万円

2割軽減

48万円

49万円

50万円


 

  所得割額

計算方法

 「所得割計算のもととなる所得」×「所得割率」の合計を計算します

注意点

・右の計算で「所得割額」が0以下となった場合は、「所得割額」は0円です

 A.「所得割計算のもととなる所得」

  =「総所得金額等」−「33万円」

 B.「所得割率」

  = 「8.07%」(平成30・31年度の場合)

 

「所得割額」= A × B


 ■ 年間保険料

計算方法

 「均等割額」と「所得割額」を足して、100円未満を切り捨てます

注意点

・上限額は62万円です(平成30年度の場合)

 「均等割額」と「所得割額」を足して、12か月分の保険料(年間保険料※1)を計算します。

 均等割額

 年間保険料※1

(4月〜翌年3月分)

 所得割額

 ※1は12ヶ月分なので、年度の途中で資格を取得・喪失した方は、※1加入期間で割ります

年間保険料

※1

×

加入月数

年間保険料

※2

12

 ※2100円未満の数字を切り捨てると、その年度分として支払う保険料の額が計算されます

 (例)※2 が 5,956円 だった場合

    → 支払う保険料は 5,900円 となります。

 もしも…
  年間保険料※1 が62万円を超えた場合、年間保険料※1は62万円として計算されます。

特例

制度加入前日に職場の健康保険等の被扶養者であった方
(国保や国保組合に加入されている方は対象になりません。)
  均等割は5割軽減。所得割はかかりません。




▼平成30年度の年間保険料の計算例
 

・加入者1人世帯の場合
年金収入額 均等割額/年間 所得割額/年間 年間保険料
800,000 円以下 3,971円 【9割軽減】  

 

 

 

 

0円

 

 

 

 

 

3,900円
1,500,000 5,956円【8.5割軽減】

0円

5,900円

1,800,000

19,855円 【5割軽減】

21,789円

41,600円

2,000,000

31,768円 【2割軽減】

37,929円

69,600円

2,500,000

39,710円【軽減なし】

78,279円

117,900円


・加入者2人世帯(加入者Aは世帯主、加入者Bの年金収入を80万円以下)とした場合

加入者Aの
年金収入額
加入者A 加入者B
均等割額 所得割額 保険料 保険料
800,000 円以下 3,971円 【9割軽減】

0円

3,900円 3,900円
1,600,000 5,956円【8.5割軽減】

5,649円

11,600円 5,900円
2,000,000 19,855円 【5割軽減】

37,929円

57,700円 19,800円
2,500,000 31,768円 【2割軽減】

78,279円

110,000円 31,700円
3,000,000 39,710円【軽減なし】

118,629円

158,300円 39,700円


 ・その他の場合

たとえば 均等割額 所得割額 保険料 備考
自分の所得はないが、世帯主の総所得金額等が軽減に該当しない場合など

39,710円

【軽減なし】

0円

39,700円

均等割のみ賦課
加入日前日に、社会保険等の被扶養者であった者

19,855円

【5割軽減】

0円

19,800円

均等割は5割軽減

所得割は賦課されない

所得が高い者

39,710円

【軽減なし】

580,290円

【軽減なし】

620,000円

賦課限度額62万円



◎ 平成30・31年度の保険料率で算定した秋田県内の一人当たりの平均保険料年額(均等割の軽減措置などを適用した額)は、 39,252 の見込みです。


 

 

   お問い合わせ先


 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
  (能代市役所 新庁舎1階 1〜4番窓口)
   電話:0185−89−2159


 二ツ井地域局市民福祉課 市民国保係
  (二ツ井町庁舎 1階 2番窓口)
  電話:0185−73−2114

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連情報
関連リンク
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 市民保険課 後期高齢者・福祉医療係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2159
FAX:0185-89-1773
メールでのお問合せ