能代の特産物(山うど)
 能代市は、全国有数の山うどの産地です。
 平成14年11月に完成した真空予冷施設の保冷庫を利用し、早期(11月〜12月)の株冷処理を行い、品薄時の出荷及び周年出荷体制を目指しています。
 香りがよく、シャキッとした歯触りと特有の苦みがある山うどの、葉や新芽の部分は天ぷらに、茎は生食に、さっと湯がいて酢みそ、ごま和え、煮物、炒め物などで美味しくいただけます。皮は捨てずにきんぴらにするとよいです。
 山うどには、苦み成分のタンニンが含まれている為、整腸作用の他、血液のめぐりを良くするので冷え症肩こりを和らげます。また、ポリフェノールが含まれ、健康食品として皆様に喜ばれています。
 
ハウス栽培中「山ウド」
選別前「山ウド」
収穫直前の山うど
 
収穫後、選別し出荷します
 
 
 ※問い合わせ先:あきた白神農業協同組合能代営農センター 電話:0185-55-0779 

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 農業振興課 農業水産係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2183
FAX:0185-89-1774
メールでのお問合せ