基礎編−パス

□ パスの基本
 
○スピードをつけて、強いパスを出せるように意識しよう。
○相手の胸にパスを出そう。


※画像をクリックすると、動画が見られます。
 

img9.gif

<1.チェストパス>
○バスケットボールにおける基本的なパス。
○パスを出すときに、片足をしっかり踏みだす。踏みだした足に体重を乗せることで、ボールに勢いがつく。
○ボールにスピードをつけるために、手首のスナップをきかせて、ボールに回転をつける。

 

 

img10.gif

<2.バウンドパス>
○しっかりと相手の胸にパスが届くように、床にボールを強くつく。
※色々な位置にボールをついて相手(仲間)の胸にとどくように練習をしよう。

 

 

img11.gif

<3.プッシュパス>
○相手をよけるように重心を横に移動して、片手で速いパスを出す。
○手の力だけでなく、ひざのバネも利用する。
※利き手だけでなく、反対の手でも強く、速いパスが出来るようにしよう。
 

 

 

img12.gif

<4.オーバーヘッドパス>
※ディフェンスの身体や手に当たらないようにしながら、速いパスを出せるようにしよう。

 

 

img13.gif

<5.ジャンプパス>
○ジャンプしてから着地するまでの間にパスを出す。
※ひざのバネを使って、高く跳ぼう。
※相手の胸に目がけて速いパスを出せるようにしよう。
※パスを出す前に着地してしまうと、反則(トラベリング)になる。
 

 

 

img14.gif

<6.ビハインド・ザ・バックパス>
○背中にボールを回すようにしてパスを出す。
※体が前に倒れないようにして、パスを出そう。
※手首の返し方を変えて、正面へのパスだけでなく、色々な方向にパスを出せるようにしよう。

 

 

img15.gif

<7.タップパス>
○相手からのパスを空中でキャッチし、着地する前にパスを出す。
※バランスが崩れないように。

※一人の場合は、バックボードを使って練習してみよう。


□いろいろなコースに正確なパスが出せるように、狙いを決めて投げるトレーニングを積むようにしよう。

ページトップへ

このページに関する情報
関連ファイルのダウンロード
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 バスケの街づくり推進担当
〒016-0821
秋田県能代市畠町11番23号
電話:0185-88-8876
FAX:0185-88-8875
メールでのお問合せ