基礎編−リバウンド

□ リバウンドの基本的な構え

○ひざを曲げて重心を下げ、両足を肩幅くらい広げ、相手におされてもバランスを保てる態勢をとる。
○体は前に倒れないようにする。

 


 
□ ボックスアウト(ポジション取り)
 

○背中で相手をおさえ、相手の動きを制限する。
○棒立ちの状態では、相手に簡単に回り込まれたり、押されてバランスを崩したりするので、ひざを曲げて重心をおとす。
○自分がキャッチできる位置までボールが来たら、思いっきり飛び込む。ボールが来る前に先に動いてしまうと相手にポジションを取られてしまう。


img18.gif

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 バスケの街づくり推進担当
〒016-0821
秋田県能代市畠町11番23号
電話:0185-88-8876
FAX:0185-88-8875
メールでのお問合せ