基礎編−ディフェンス

□ ディフェンスの基本的な構え



足を肩幅より少し広めにして、背筋を伸ばし、ひざを曲げ重心を落とす。
○体を前に倒すと、反応が遅くなるので注意する。
○パスやシュートのコースを狭くするため、手をあげる。
○視線を下に向けていると、敵や味方の位置を確認することが出来ない。

○相手とは、腕一本くらいの距離を常に保つようにする。
○常に相手の正面に構えよう。

 
 

※画像をクリックすると、動画が見られます。

<サイドステップ>

 

img1.gif

<Good>
進みたい方向の足を先に動かす。
○ひざを曲げて、体は前に倒れないようにする。
○パスやシュート、ドリブルカットをするために、手を上下に動かしながら移動する。
○常に相手の正面に構えよう。
○相手の動きが分かるように、常に顔をあげる。  

 

<サイドステップ>

 

img2.gif

Bad>
体のバランスが崩れてしまうので、両足が付かないようにする。
●パスやシュート、ドリブルカットへの反応が遅くなってしまうので、手を下げたまま移動しない。
視線を下に向けていると、敵や味方の位置を確認することが出来ない。

 

<クロスステップ>

 

img3.gif

<Good>
常に相手の正面に構えよう。
○パスやシュート、ドリブルカットをするために、手を上下に動かしながら移動する。
○相手の動きが分かるように、常に顔をあげる。 

 

<クロスステップ>

 

img4.gif

Bad>
視線を下に向けていると、敵や味方の位置を確認することが出来ない。
パスやシュート、ドリブルカットへの反応が遅くなってしまうので、手を下げたまま移動しない。



ページトップへ

このページに関する情報
関連ファイルのダウンロード
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 バスケの街づくり推進担当
〒016-0821
秋田県能代市畠町11番23号
電話:0185-88-8876
FAX:0185-88-8875
メールでのお問合せ