基礎編−シュート(ワンハンド)

◇シュートを打つ上で、基本的なフォームを身につけることは大切です!!

※画像をクリックすると、動画が見られます。
 

img2.gif

<ボールの持ち方>
○ボールと手のひらの間隔はあけ過ぎず(指が2本入る程度)、ボールをしっかりと指先に乗せる。
○リングに向かってまっすぐスナップをきかせることで、ボールに逆回転がかかり、ボールの軌道は安定する。また、逆回転をかけることによって、飛距離が伸びる効果が得られる。
※ひじをリングに対してなるべく垂直にすると、ボールに力を入れやすかったり、狙いを定めやすくなったりする。




 

img1.gif

<基本動作>
○シュートを打つ動作は、手の力だけではなく、身体の力を抜き、ひざから上半身へと一連に動くように。
○体を安定させ、前に倒れないようにする。
○すぐにシュートを打てるように、ひざを曲げた状態でパスを受ける。
※つま先はできるだけリングに向けよう。
※真上にジャンプしてシュートを打とう。
 

ページトップへ

このページに関する情報
関連ファイルのダウンロード
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 バスケの街づくり推進担当
〒016-0821
秋田県能代市畠町11番23号
電話:0185-88-8876
FAX:0185-88-8875
メールでのお問合せ