能代市男女共同参画都市宣言
能代市は男女共同参画都市を宣言しました。
 能代市は、内閣府との共催で11月3日(水曜日:文化の日)午後1時から能代市文化会館大ホールを会場に、すべての人がお互いの人権を尊重しあい、あらゆる分野で能力と個性を発揮できる男女共同参画社会の実現をめざし、「能代市男女共同参画宣言都市記念式典」を開催しました。
 記念式典では、内閣府から男女共同参画の現状や政府の取組等について報告があった後、エンパワメント・センター主宰の森田ゆり氏により、「子どもの生きる力を育む男女共同参画」と題した記念講演が行われ、人のしあわせとは、愛されること、ほめられること、人の役に立てること。そして子どもの生きる力を育む男女共同参画の視点から、「子どもの権利条約(世界中のすべての子どもたちがもっている“権利”について定めた条約)」には、「生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利」の4つの柱があると語られました。
 続いて、能代市男女共同参画都市宣言文の群読が行われ、地元の能代北高等学校書道部による宣言文の書道パフォーマンスがステージ上で披露され、参加者一同による宣言文の群読により男女共同参画都市を宣言しました。
 さらに、能代市男女共同参画推進委員会会長で、エンパワーメントWith代表の加賀谷七重氏のコーディネートのもと、記念講演講師の森田ゆり氏、のしろ日本語学習会代表の北川裕子氏、秋田県立大学木材高度加工研究所准教授の佐々木貴信氏、NPO法人メリーゴーランド理事長の佐々木久美子氏によるパネルディスカッションが行われ、それぞれの立場から男女共同参画に対する熱い思いが語られました。会場からは夫婦間での互いの呼び方や紹介の仕方についての質疑があり、ステージと観客席が一体となって盛り上がりました。
 当日はあいにくの悪天候にもかかわらず、県内外から約300名の方々が参加されましたが、多くの男性の参加や高校生の参加も目立ち、とても有意義な記念式典を行うことができました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「能代市男女共同参画都市宣言」

わたしたちは
米代川にはぐくまれた豊かな地に
しっかりと根を張り
のびやかに人生をあゆみ
お互いの人権を尊重しあい
責任ある対等なパートナーとして
ともに幸せを実感できる社会の実現をめざし
ここに"わ"のまち能代「男女共同参画都市」を宣言します

の:能力や個性を認め合い、それを発揮できる社会をめざします。
し:社会のあらゆる分野に主体的に参画し、一人ひとりがしっかりとつながることをめざします。
ろ:老若男女、すべての人が違いを越えて、自分らしい生き方を選択できるよう支え合います。

平成22年11月3日
            秋田県能代市
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

森田ゆり氏による記念講演「子どもの生きる力を育む男女共同参画」齊藤滋宣能代市長と参加者全員による「男女共同参画宣言文」の群読パネルディスカッション「一人ひとりを認め合い、心豊かに暮らせるまちづくり」

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 共同参画交流係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2148
FAX:0185-89-1770
メールでのお問合せ