能代市はり、きゅう、マッサージ施術費助成要綱

○能代市はり、きゅう、マッサージ施術費助成要綱

平成18321

告示第35

(趣旨)

1条 この告示は、高齢者の健康の保持及び増進を図るため、はり及びきゅう並びにあん摩・マッサージ・指圧(以下「マッサージ」という。)施術費助成に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

2条 施術費助成の対象者は、能代市に住所を有する65歳以上の高齢者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 生活保護受給者

(2) 市民税世帯非課税者

(適用範囲)

3条 助成する施術費の範囲は、医療保険給付以外のものとする。

(助成額及び回数)

4条 助成額は、はり、きゅう、マッサージの施術1回につき800円とする。

2 助成回数は、はり、きゅう、マッサージを通して、1年度について10回とする。

(助成の申請)

5条 施術費の助成を受けようとする者は、毎年度、はり、きゅう、マッサージ施術費助成申請書(様式第1)を、市長に提出しなければならない。

(施術券の交付等)

6条 市長は、前条の申請があったときは、その資格を審査し、適当と認めたときは、はり、きゅう、マッサージ施術券(様式第2)を交付する。

2 施術券の有効期間は、交付した日の属する年度の331日までとする。

(施術券の再交付)

7条 施術券は、次の場合を除き再交付することができない。

(1) 汚損し、又は破損した場合

(2) 災害等により滅失した場合

(施術機関の要件等)

8条 施術機関の要件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 免許を有していること。

(2) 法令による届出済で市内で営業していること。

2 施術機関は、前項の要件を確認できる書類を市長に提出するものとする。

(施術券の提出)

9条 施術券の交付を受けた者が、はり、きゅう、マッサージの施術を受けようとするときは、施術券に記名押印し、施術機関に提出するものとする。

(助成金の請求)

10条 施術機関は、施術を行ったときは、施術券に所要事項を記入しなければならない。

2 施術機関は、当該月において実施した施術について、翌月10日まではり、きゅう、マッサージ施術費助成金請求書(様式第3)に施術券を添えて、市長に請求するものとする。

(助成金の支払)

11条 市長は、前条の請求があったときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、施術機関に助成金を支払うものとする。

(実績の管理)

12条 市長は、利用者毎の施術費助成実績を整理し、管理しなければならない。

(21告示46・一部改正)

(施術機関の責務)

13条 施術機関は、施術券に係る施術記録簿を備え、5年間保存しなければならない。

(禁止事項)

14条 施術券の交付を受けた者は、施術券を他人に譲渡し、又は使用させてはならない。

(助成金の返還等)

15条 市長は、施術費助成に関し不正行為のあったときは、助成金を返還させ、又はその他の必要な措置を講ずることができる。

(その他)

16条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18321日から施行する。

(適用)

2 この告示は、平成1841日以後に係る申請に適用し、同日前に係る申請については、なお合併前の能代市はり、きゅう、マッサージ施術費助成要綱(平成3年能代市要綱第19号。以下「合併前の要綱」という。)の例による。

(経過措置)

3 平成18331日までに、合併前の要綱の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21331日告示第46)

(施行期日)

1 この告示は、平成2141日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正前の様式第1号による申請書用紙は、当分の間、この告示による改正後の様式第1号による申請書用紙とみなして使用することができる。

様式(略)

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 長寿いきがい課 長寿社会係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2156
FAX:0185-89-1791
メールでのお問合せ