家屋の評価のしくみ
評価のしくみ


固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。

新築家屋の評価方法

 
再建築価格×経年減点補正率=評価額

これは再度同じ家を建てたときに、かかるであろう費用×家屋の消耗率=評価額ということです。

新築家屋以外の家屋の評価

 
評価額は、新築家屋の評価と同様に求められますが、その価額が前年度の価額を超える場合は、通常、前年度の価格に据え置かれます。
 家屋は建築費等の上昇が激しい場合には、建物が古くなっても評価が下がらないことがあります。

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 税務課 固定資産税係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2127
FAX:0185-89-1764
メールでのお問合せ