「自分たちの地域は自分たちで守らないと」二ツ井消防団第6分団 団員 田中圭一さん(2008年3月27日)
 入団して5年目になります。高校を出て一時県外に行っていたのですが、「地元に戻ってきたら入団しろよ」という副分団長の声に誘われて団員になりました。
 わたしの所属する分団は、二ツ井町荷上場地区などを管轄区域として活動しています。消防操法の技を競う消防競技大会では、小型動力ポンプの部で、ここ数年、毎年県大会に出場しています。わたしは入団2年目から大会で2番員を務めていますが、一昨年優勝したことがこれまでの消防団活動の中で一番の思い出です。今年は東京のビッグサイトで全国大会があるので、全国出場を目指して訓練に励みたいと思っています。
 これまで3〜4回火災に出場していますが、昨年の火災では、焼死者が出てとてもつらい経験をしました。地元から火事を出さないように、定期的にパトロールに回ったり、管轄の地区には一人暮らし老人が多いので、声掛けなどもしていきたいと思っています。
 困っているのは、なかなか新入団員が入って来ないこと。わたしの分団は大会で強いこともあり、訓練が厳しいイメージがあるようで、敬遠する人もいるようです。でも、大会のためだけではなく、現場で落ち着いて素早く行動するために、こういった訓練を積んでいるということを分かってほしい。これは、どこの分団でも同じことだと思います。
 自分たちの地域は自分たちで守らないといけないと思っています。そういう思いを少しでも持っている人に、どんどん入団してもらって、地域のために活躍してほしいです。

二ツ井消防団第6分団 団員 田中圭一さん 

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 総務課 防災危機管理室
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-52-3311
FAX:0185-53-3958