能代市史 資料編 近世一
A5判 本体1,196頁能代市史 資料編 近世一
写真:26点 付録:年代表

 能代は米代川の河口港として発達した。
米代川流域の材木、阿仁鉱山の銅・鉛が能代に運ばれ、
日本の各地に散っていった。能代は政治的な中心地では
なかったが、経済的には土崎につづいて力を誇示できる
地位にあった。したがって藩でもこの地域の政治には細か
な注意を注いできた。
 能代奉行は能代に軸足をおいて、米代川流域一帯を
広域的に治め、藩政を支えていた。この地域の動向は、
藩政の盛衰を色濃く映し出して いるのである。

それぞれの文書の冒頭には簡単な内容紹介を試みています。

目次

近世一
 佐竹義宣書状
 梅津政景日記(抄)
 旧記抜書之ヶ条
 御用当座覚
 能代掟帳
 能代奉行支配并役支配之覚
 能代方御用日記(野上陳令)
 能代方御用留(野上陳令)
 拾遺類纂    

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 総務課 市史編さん室
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2119
FAX:0185-89-1790
メールでのお問合せ