能代市史 資料編 中世二
A5判 本体1,209頁能代市史 資料編 中世二
写真:107点

 秋田実季の時代は急速に近世への質的転換を
見せたのである。 太閤検地に押されて実季の領
内支配の体制が着々と 整備されていった。 知行
制度が完成の域に達して家臣団の構成が整備さ
れ、湊城の建設が始まって政庁の姿も見えてきた。
経済的にも全国的な流通の波に乗り始めた。
 実季が一気に走った時代はわずかの期間であっ
たが、檜山から湊にかけての地域を近世的な秩序
に 置き換えていった怒濤の時代であった。

この中では「読み下し」、「現代語訳」、「解説」をつけて
読みやすくしています。

目次

第三章 中世二
 第一節 秋田実季の領内支配と太閤蔵入地
 第二節 秋田実季と南部・浅利両氏との抗争
 第三節 豊臣政権への杉材運上
 第四節 秋田領の経営と諸商品の流通
 第五節 徳川政権下の秋田実季
 第六節 秋田実季と羽賀寺

第四章 非編年資料
 第一節 系図
  秋田家系図、安倍姓下国氏系譜、下国伊駒安陪姓之家譜、
  安倍姓湊氏系図、野村平左衛門覚書、浄願寺系譜、浅利氏系図
 第二節 縁起
  本浄山羽賀寺縁起、羽賀寺縁起、古四王社縁起、赤神山本山縁起、
  八森不動明王記、房住山昔物語
 第三節 軍記・記録
  奥羽永慶軍記、新羅之記録、津軽一統志、鹿角由来集、戸沢家譜、浅利軍記
 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 総務課 市史編さん室
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2119
FAX:0185-89-1790
メールでのお問合せ