6.陳述の機会の付与

 監査請求のあった内容について監査をしていくに当たり、請求人は、提出した監査請求書を補完するため、新たな証拠を提出したり、陳述をする事ができます。
陳述は、原則として監査委員の面前で行いますが、それに代わって陳述書を提出することも可能です。また、陳述は、代理人も許されていますが、その場合には、委任状が必要となります。

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
監査委員事務局 監査係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2932
FAX:0185-89-1785
メールでのお問合せ