「バスケ」「宇宙」「観光」 能代市地域おこし協力隊を募集します!

能代市では「バスケの街づくり」「宇宙のまちづくり」を進めるため、地域おこし協力隊を募集しています!
また、今回からは「観光のまちづくり」に取り組む隊員も大募集!!
もし、「まちづくり」に興味があるなら、もし、「新しい何かに挑戦」したいなら、それを能代で実現しましょう!
みんなが元気になるまちづくりに、あなたの力を貸してください!


●バスケの街能代

能代市では、全国制覇58回を誇る、県立能代工業高校バスケットボール部を有することなどから、“バスケでみんなが元気になれる街”をめざして、“能代市バスケの街づくり推進計画”を定め、まちづくりを進めており、JR能代駅と能代工業高校を結ぶ中心市街地の商店街を“能代バスケロード”と名付けています。

 


バスケロードの起点JR能代駅
ホームにバスケットリングが
設置されています


バスケロードの中間地点
“能代バスケミュージアム”
 


マンホールの蓋にはバスケ
ットボールが描かれています

 


街並みに溶け込むバスケを
テーマとした壁画アート作品
   


バスケを取り入れたオブジェ

 


バスケをテーマとした川柳を展示

 


能代バスケロードには、バスケをモチーフにしたアート作品などが展示され、街なかを歩くだけで、“バスケ”を感じることができます。 


●宇宙のまち能代

能代市は、“バスケの街”のほかにも、“JAXA(ジャクサ)宇宙科学研究所 能代ロケット実験場”を有することから”宇宙のまち”でもあります。
例年8月には、日本最大規模の学生、社会人によるロケットの打上等のアマチュア大会である、”能代宇宙イベント”が開催され、宇宙を目指す学生の特別な場所となっています。


能代ロケット実験場では小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げたΜ-5に使用されていたロケットエンジンやイプシロンロケットの固形ロケットモータの燃焼実験などが行われています

 


 
8月には全国から宇宙を夢見る学生、社会人が能代に集まる”能代宇宙イベント”が行われます
 


“能代宇宙イベント”ではモデルロケットの陸打ち上げや海打ち上げ、「缶サット」と呼ばれる模擬人工衛星を使用した競技が行われます

 


期間中には、高校生のモデルロケット競技“ロケット甲子園”や、中学生モデルロケット競技、小学生水ロケット競技も開催され、子どもから社会人までが能代から宇宙を目指しています
 

 gingarenpou_w700.jpg
また、JAXAの研究施設を有する全国7自治体からなる、銀河連邦に“ノシロ共和国”として加盟しています
 

 


協力隊員の発案で行われた
プロジェクションマッピング

 


この他にも、能代市子ども館には、秋田県北部では唯一のプラネタリウムがあるほか、ロケットに関する展示が数多くあり、宇宙にとても近いまちとなっています。


●観光のまちづくり

能代市は、雄大な日本海、世界自然遺産「白神山地」、出羽丘陵の緑豊な森林地帯に囲まれています。
先人の知恵と努力を継承しながら木材関連産業や特産品をはぐくみ、美しく雄大な自然と、多彩な伝統行事がみなさまをお待ちしています。
 



 【風の松原】
 海岸沿いに連なる約700万本の松が
植えられた日本最大級の砂防林



【きみまち阪】
明治天皇が、この地で皇妃の便りを受け、後に「きみまちざか」と名称をつけられた、恋文スポット



【旧料亭金勇】
昭和初期、能代は「東洋一の木都」と称され、天然秋田杉をふんだんに使用した木都能代を象徴する建物



【白神ねぎ】
世界自然遺産白神山地の恵みを
いっぱいに受けたブランドねぎ


【能代七夕天空の不夜城】
一世紀の時を超えて復活した、城郭型灯籠として日本一の高さを誇る(24.1m)大型灯籠が街を練り歩きます




【おなごりフェスティバル】
夏の終わりを惜しむように、東北や全国の有名な祭りが集まりパレードを行います



 







●能代市ではこんな人材を求めています

能代市では、「バスケ」「宇宙」「観光」の3つをキーワードとして、“本物に触れられる” “親しみを持てる” “地域が潤える” “街なかで感じられる”まちづくりに取り組んでいます。
新しい視点やアイデアで、わたしたちと一緒にまちづくりに挑戦してくれる方を募集しています!

●募集人員

 能代市地域おこし協力隊員  2名

●活動内容

「バスケ」「宇宙」「観光」など、能代市の地域資源を活かした特色あるまちづくりの担い手として、以下のいずれかの活動及び能代市のPR活動を行っていただきます。

「バスケの街づくり」
1)街なかでバスケが感じられる取り組み
 ・中心市街地を通る「能代バスケロード」の充実と活性化

(2)本物のバスケに触れられる取り組み
 ・「能代バスケミュージアム」の利用促進と活性化
(3)バスケで地域が潤える取り組み
 ・バスケの要素を取り入れた交流企画や、食品・グッズ・土産品の開発など 

「宇宙のまちづくり」
(1)宇宙を楽しめる取り組み
 ・宇宙に関するイベント等を市や関係機関と連携して実施するなど

(2)宇宙に親しみを持てる取り組み
 ・市内外に向けた宇宙のまちのPR活動、キャラクター・グッズ等の開発、販売など

(3)JAXAや能代宇宙イベントと連携し、宇宙を目指す子ども達が、本物の宇宙に触れられる機会を増やす活動 など

「観光のまちづくり」
(1)地域住民が観光資源に親しみを持てる取り組み
 ・民間や住民と連携しての地域資源整理、掘り起こし、磨き上げなど

(2)観光で地域が潤える取り組み
 ・「白神ねぎ」、「白神みょうが」などの農産物や木都能代の「木材」などの地域資源を取り入れた商品開発、販売など

(3)交流人口を増やす取り組み
 ・「世界自然遺産白神山地」、「きみまち阪」などの大自然や、「天空の不夜城」、「おなごりフェスティバル」などのイベントに触れられる取り組みや情報発信など


その他
(1)能代市のその他の地域資源を活用した取組みなど
(2)自身の能力や経験を活かし、協力隊退任後に市内での起業に繋がる活動など
※バスケ・宇宙・観光以外の活動については、担当課等と協議のうえで活動内容を決定いたします

●募集対象

(1)20歳以上の方
(2)
総務省が定める3大都市地域をはじめとする都市地域等に在住しており、採用後に能代市へ生活拠点を移し、住民登録できる方
(3)地域おこしの活動に意欲と情熱があり、積極的に活動できる方
(4)普通自動車運転免許を取得している方
(5)パソコンの一般的な操作ができる方

●応募手続

(1)受付期限
  提出書類をEメール(PDF形式)か郵送でお送りください。
  2019年1月31日(木曜日)必着

(2)提出書類
  履歴書(書式自由、顔写真を添付):応募動機も、簡潔にご記入ください。

(3)問合せ方法:Eメールかファックスでお願いいたします。

●選考方法

(1)1次選考:書類選考結果を2月4日(月曜日)までに応募者全員にEメール等で通知します。
 
(2)2次選考:面接による2次選考を、2月17日(日曜日)に東京都内で行う予定です。
   なお、2次選考では、「能代で実現したいこと」をテーマにプレゼンを行っていただきます。
   併せて、2次選考当日にプレゼンの資料(自由書式)を提出していただきます。



●勤務条件等

  ・勤務場所及び住居:市が借り上げている事務所及び住居(いずれも市内)を拠点に活動
  ・報酬:月額166,600円
  ・活動に要する経費:予算の範囲内で市が負担

 ※詳細は、関連ファイルの「能代市地域おこし協力隊募集要項」をご覧ください。

●その他

  ・能代市の情報については下記のリンクをご覧ください。 

  能代市移住定住TOPページ 能代市移住・定住TOPページへ
   能代市地域おこし協力隊公式ホームページ

ページトップへ

このページに関する情報
関連リンク
関連ファイルのダウンロード
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 地域づくり支援係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2212
FAX:0185-89-1770
メールでのお問合せ