市の行政に関する請願・陳情の処理状況(平成18〜21年度)

 採択した請願陳情で、執行機関に送付したものについては、次の定例会にその処理の経過及び結果を報告することになっています。

採択した定例会
または臨時会

整理
番号

件名

処理状況



22





77

 細菌性髄膜炎ワクチン摂取への公費助成を求める陳情書のうち

1.ヒブワクチンへの接種費用の助成を早急に行ってください。

(附帯意見)
 財政勘案の上善処すべきである。


1.ヒブワクチンについて乳幼児がいる世帯に対し周知徹底してください。 

 




 ヒブワクチンは、任意接種であり希望する対象者が自己負担により接種が可能となっております。
 接種回数は4回で、約3万円の接種料金がかかります。本市の財政は厳しい状況ではありますが、公費助成について検討してまいります。
 


 乳幼児健診時に、ヒブ感染症、ヒブワクチンの効果及び接種等について周知してまいります。



21





74

悪土川の内水対策について

  悪土川の浸水被害対策については、平成21年11月6日に、河川管理者である秋田県知事へ要望書を提出しております。
 また、国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所と秋田県、能代市の3者で、浸水被害の原因究明を進めており、関係機関が連携して対策に努めてまいります。



20

12



60

特別支援教育支援員
の配置について

 市では、学校教育法の趣旨に基づき、小・中学校に在籍する教育上特別な支援を必要とする児童生徒に対して適切な対応を進めております。
 特別支援教育支援員については、各学校の実態や保護者の意向を踏まえ、平成20年度は10人の特別支援教育支援員を配置しております。
 今後とも学校からの要望を基に、日常生活上の介助や学習支援のため、引き続き特別支援教育支援員の配置に努めてまいります。



20






57

妊婦健診の公費助成拡充を求めることについて 

 能代市は一般健診7回のほか、感染症検査等3回の計10回を公費負担で実施しております。
 国では、出産までに一般健診14回程度が望ましいとしており、本市の財政は厳しい状況ではありますが、公費負担の拡充に向けた検討をしてまいります。 



20





 

42

特別支援教育支援員の配置について 

 市では、学校教育法の趣旨に基づき、小・中学校に在籍する教育上特別な支援を必要とする児童生徒に対して適切な対応を進めております。
 各学校の実態や保護者の状況を踏まえ、平成20年度は市単独事業として、対象児童生徒18人(6校)に10人の特別支援教育支援員を配置し、日常生活上の介助や学習支援を行っております。
 また、周囲の理解度促進のため、学校、保護者と協力しながら特別支援教育に努めております。 

 43

山本組合総合病院の放射線治療装置(ライナック)整備に係る支援について 

 能代市の負担額は5か年で総額58,500千円であり、債務負担行為を設定し助成していくこととしております。
 関係予算は、平成20年6月市議会定例会に提出することとしております。 



19

12



33

し尿汲み取り料金の改正について 

 現行のし尿処理料金については、平成13年5月の改定以来、6年以上を経過しており、この間、下水道の普及等に伴う汲み取り量の減少や、近年の燃料費の高騰による影響は事業者による経営努力をもってしても厳しい状況にあるものと認識しております。
 現在、し尿処理料金の設定に関しては、市民サービスや、公衆衛生の観点からも一定の範囲内に収まるよう市の条例により上限を定めておりますが、民間の事業活動に制限を加えていることから見直しすべきと考えております。
 しかしながら、し尿処理料金は、極めて公共性の高い料金であり、条例による料金の上限を撤廃した後においても事業者の料金設定に対する市の関与のあり方について検討してまいります。 



19





19

(仮称)イオン新能代ショッピングセンターに係る説明と意見をくみ取ることについて

 イオン株式会社では、能代東IC周辺へのモール型SCの出店を計画しており、平成18年11月30日付けで(仮称)イオン新能代ショッピングセンターに係る農業振興地域整備計画の変更の申出書が能代市に対して提出されておりました。
 本申し出に係る事業計画は、現行の都市計画法に係わるものであります。
 農業振興地域整備計画の変更に係る手続きについては、各団体の意見聴取や国・県との協議もあり、今後の事務スケジュールを考慮した上で行う必要がありますが、申し出から既に2か月以上が経過しており、厳しい日程となっておりました。
 こうしたことから、市民団体のほか広く市民を対象とした説明会を行うことは、時間的に困難と判断し、市としては、市民の代表である市議会議員に、シミュレーションを説明し、意見を伺ったものであります。



18

12



 

能代市歴史民俗資料館の早期建設を求めることについて 

 歴史民俗資料館については、現在、策定を進めている総合計画の中に位置づけて推進を図りたいと考えております。
 現時点では、厳しい財政状況から、既存施設の活用を念頭に具体的な検討を進めることが現実的ではないかと考えており、今後、展示資料等の情報収集・詳細調査を行っていきたいと考えております。また、施設の具体的な機能・形態・場所等については、関係機関や団体、専門的知識を有する方々の意見・提言を聞く機会を設けることも検討していきたいと考えております。

美術展示館の早期建設について

 美術展示館については、現在、策定を進めている総合計画の中に位置づけて推進を図りたいと考えております。
 現時点では、厳しい財政状況から、既存施設の活用を念頭に具体的な検討を進めることが現実的ではないかと考えており、今後、展示資料等の情報収集・詳細調査を行っていきたいと考えております。また、施設の具体的な機能・形態・場所等については、関係機関や団体、専門的知識を有する方々の意見・提言を聞く機会を設けることも検討していきたいと考えております。



18





海上自衛隊艦艇能代港休息寄港地要請について

 能代港の利活用促進という意義はあるものの、自衛隊については、憲法改正も含めた多様な国民的議論がなされているところであり、これらも踏まえて、今後慎重に検討していく。

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
議会事務局 庶務係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2922
FAX:0185-89-1784
メールでのお問合せ