鮭のすし漬け

      

【材料】

・塩鮭
・大根
・人参
・生姜
・唐辛子
・麹
・酢
・酒
・みりん
・塩
・化学調味料
 

半身
1本
1本
少々
2本
300cc
100cc
100cc
100cc
80グラム
少々
 

 

鮭のすし漬け

【作り方】

1.塩鮭をそぎ切りし、酒、酢、化学調味料に2〜3日ひたす。
2.人参、大根は千切りにし、薄塩味にして1晩下漬けする。
3.麹は温めたみりん(70度位)で1晩むらす。生姜は千切りに、とうがらしは細かく刻んでおく。
4.下漬けした材料は水気を切っておき、漬け桶に塩鮭、野菜、生姜、とうがらし、麹を交互にたたみながら漬け込み、重石をする。(3週間位で完成)

※お問い合わせの多いご質問について
Q.生鮭ならどう調理したら良いでしょうか。一度塩漬けする必要がありますか?
A.一度塩漬けしても構いませんが、もし旬の時期の鮭なら生のまま漬ける方をお勧めします。塩漬けしてしまうと、せっかくの水分が飛んでしまい、パサパサした食感になる可能性があります。(レシピ考案者より) 
 

【コメント】

【出席者からのコメント】

塩鮭は年間を通して利用できますが、秋鮭は生でも漬けられます。カブやキャベツ、食用菊などを入れてたたむと色あい、甘みが増してきます。くせのない鮭のすしは酒のつまみにも最適です。

 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 観光振興課
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2179
FAX:0185-89-1776
メールでのお問合せ