能代市B型肝炎予防接種費用助成要綱

   〇能代市B型肝炎予防接種費用助成要綱

  平成28年9月30日

告示第163号

   (趣旨)

第1条 この告示は、B型肝炎の予防接種(以下「予防接種」という。)を受けた者に対し予防接種に係る費用(以下「接種費用」という。)の一部又は全部を助成することについて、必要な事項を定めるものとする。

   (助成の対象となる被接種者)

第2条 助成金の交付の対象となる予防接種の被接種者( 以下「対象被接種者」という。) は、本市の区域内に住所を有する者であって、次の各号のいずれにも該当するものとする。

   (1) 平成28年4月1日生まれ以降の者で、平成28年9月末日までに自己負担により予防接種を受けた者

   (2) HBs抗原陽性の妊婦から生まれた者であって、健康保険を適用し、抗HBs人免疫グロブリンの投与
    に併せて予防接種を受けたことがあるものでないこと

   (助成金の交付対象者)

第3条 助成金の交付を受けることができる者は、対象被接種者の保護者(子に対して親権を行う者、未成年後見人その他の者であって、当該予防接種を受けた者を現に監護するものをいう。)とする。

   (助成額及び助成回数)

第4条 助成の額は、1回あたり6,651円とする。ただし、接種費用が助成額に満たない場合は、接種費用に相当する額とする。

2 助成する予防接種の回数は、1人につき3回までとする。

   (交付申請)

第5条 助成金の交付の申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、能代市B型肝炎予防接種費用助成交付申請書兼請求書(様式第1号)に、次の各号に掲げる書類を添えて市長に提出するものとする。

   (1) 医療機関の発行した領収書の写し又はB型肝炎予防接種実施証明書(様式第2号)

   (2) 予防接種の記録が記載されている母子健康手帳の写し

2 前項に規定する申請は、平成29年3月31日までに行わなければならない。

   (交付の決定)

第6条 市長は、前条第1項に規定する申請書の提出があった者について、助成金の交付を決定したときは、B型肝炎予防接種費用助成交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知し、助成金を交付するものとする。

2 市長は、前条の申請書の提出があった者について、助成金を交付しないことを決定したときは、その理由を
  付して、B型肝炎予防接種費助成不交付決定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

   (助成金の返還等)

第7条 市長は、申請者が偽りその他不正な行為により助成金の交付を受けたときは、助成金の全部又は一部を返還させることができる。

   (その他)

第8条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

     附 則

   (施行期日)

1 この告示は、平成28年10月1日から施行する。

   (この告示の失効)

2 この告示は、平成29年3月31日限り、その効力を失う。

  様式(略)

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
市民福祉部 健康づくり課 健康増進係
〒016-0157
秋田県能代市字腹鞁ノ沢19番地3
電話:0185-58-2838
FAX:0185-58-2930
メールでのお問合せ