【消費生活注意情報】還付金詐欺と思われる不審な電話に注意!

還付金詐欺と思われる不審な電話に注意


平成29年3月10日、能代市内の個人宅に還付金詐欺と思われる不審な電話があったという相談が、3件ありました。


1.「去年、高額療養費の過払いがあり、19,600円還付になる。2月4日に青い封筒に入った文書を発送しているが、2月末で期限が切れている」と能代市役所保険課を名乗る男性から電話があり、不審に思って、「詐欺ではないのか」と話したところ、電話が切れた。


2.「医療費の払い過ぎた分を16,000円ぐらい返すことができる。以前、緑色の封筒を郵送しているが手続がまだされていない。今日が手続きの最終日なので、今から話す電話番号に電話してください。整理番号があると手続きが早く進むので番号を伝える。電話は混み合っていると思うが根気強くかけて欲しい。」と市役所を名乗る男性から電話があり、整理番号と電話番号を言われた。
 教えられた電話番号に電話をしたところ、先ほどの電話の声と同じ男性が電話に出た。「整理番号は何番か。」などと言われたが、「市役所の窓口に出向く。」と話したら「今回の手続は県庁総合医療課で行っている。」と言われたため、不審に思い電話を切った。


3.自宅に「保険料が多く払われているので返します。以前緑色の封筒を送っていますが、まだ手続きがされていません。」と市役所保険課を名乗る男性から電話があった。「今から伝える電話番号に電話をして欲しい。」と言われたが、相手方が番号を言う前に電話が切れた。


市では、このような電話をかけた事実はありません。
また、文書による通知なしに還付金手続きを案内することはございません。
このような不審な電話がかかってきても絶対に相手の言うとおりにしないでください。


お困りごとがある場合は、最寄りの警察署・交番・駐在所、消費生活相談窓口へ相談してください。
 

能代市消費生活センター窓口案内



 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 市民活力推進課 消費生活センター
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2132
FAX:0185-89-1770
メールでのお問合せ