手打ちそば

      

【材料】

・そば粉
・打ち粉
・青豆
 

2キログラム
適量
3分の1カップ
 

 

手打ちそば

【作り方】

1.豆は12時間くらい水に浸す。豆の5倍の水と一緒にミキサーにかけてこし、豆乳を作る。
2.半分のそば粉に豆乳2カップを入れて切るようにしてまぜる。両手を合わせて軽くこすりながら粉によくなじませる。
3.もう半分のそば粉に熱湯4〜5カップを入れてこねる。(粉の乾燥具合によって熱湯を加減する)
4.両方のそば粉を合わせて耳たぶの柔らかさになるようによくこね合わせる。
5.のし板にのせ、打ち粉をしながらめん棒で丸くのばし、薄くなったら折りたたんで包丁で細く切る。
6.沸騰したお湯でそばを茹でる。(強火)茹で上がったら流水で2〜3度流す。
7.お好みのつゆでお召し上がりください。
 

【コメント】

【出席者からのコメント】

昭和13〜14年頃は地元の金毘羅宮はお祭りにそば茶屋が立ち、お参りする人たちで大変にぎやかでした。年越しそばは、「そばのように細く長く生きられるように」という願いを込めて食べられるようになったと言われています。
 

 

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 観光振興課
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2179
FAX:0185-89-1776
メールでのお問合せ