能代市中心市街地活性化ビジョン

中心市街地活性化ビジョンを策定しました

 市では、中心市街地に人の流れを呼び込み、交流人口と定住人口の増加を図るため、多様な面で街なかの魅力を高め、多くの人達にとって暮らしやすい、利便性の良いまちづくりを推進することが必要であると考えてます。
 中心市街地ならではの特性を活かしたまちづくりを具体的に進めていくための”まちづくりの方向性”を示す「能代市中心市街地活性化ビジョン」を策定しました。
 今後は、ビジョンに示した将来像実現に向けて、具体的な事業、市民と行政の役割分担などを位置づける「中心市街地活性化計画」の策定に取り組みます。
 中心市街地の活性化は、行政の活動や一部市民の活動だけで達成できるものではありません。市民、各種団体、民間事業者、行政などのさまざまな主体がそれぞれの役割を担いながら一体となり取り組みを行う必要があります。
 したがって、「中心市街地活性化計画」の取りまとめにあたって、「市民と行政の役割分担の明確化」「市民と行政が一体となった活性化の推進に向けた体制の構築」「事業効果を測る試行的な取り組みへの支援実施」の3点に特に留意して進めます。

●中心市街地活性化ビジョンの概要

<将来像>
元気実感 のしろ 街ぐらし
○高齢者も若者も便利で楽しい住みよい街
○市内外の人が活発に行き交い様々な交流ができる街
○多彩な魅力あふれる商業サービスを享受できる街

<能代がこだわる"3つの視点">
○高齢者(高齢者に優しい=全ての人に優しい)
○環境(木材や農業や自然との調和・共存)
○健康(誰もが心身共に元気に生活できる)

<基本方針>
○街なか生活を楽しむ
○交流の文化を育てる
○魅力ある商業空間を創る

<目標>
○街なか居住者の維持・増加
○街なか住宅の供給
○中心市街地への来街者・入込み客の増加
○歩行者通行量の増加
○交流イベント等の取り組み
○交流・集客拠点の場の形成
○空き店舗数の減少
○地域ビジネスの振興

<中心市街地区域・活性化重点区域>
中心市街地区域・活性化重点区域

<中心市街地活性化の施策>
○住吉町住宅の建替え
○街なかでの民間賃貸住宅・戸建住宅建設の促進・支援
○医療・福祉サービスをはじめとする身近な社会サービスの充実
○歩くことが楽しくなる安全で快適な歩行者空間の整備
○徒歩を補完する移動手段の充実
○景観・環境に配慮した公共空間整備の促進
○商店街における交流・文化機能の整備促進
○木に親しめるまちを感じさせる活動への支援
○スポーツ・健康にこだわった交流イベントの取り組みの実施
○魅力ある拠点を創造する再開発事業の促進
○商店街の再生、魅力づくりに対する支援の充実
○健康的な食文化を創造する活動への支援
○地域ビジネスの振興支援

<中心市街地区域>
○中心市街地とは、人口が密集し、都市基盤が整備され、都市機能が集積した街の顔ともいえる地域です。中心市街地の区域を米代川、都市計画道路萩の台線及び藤山線、桧山川運河に囲まれた約380ヘクタールとしています。
○今後10年間で能代市の顔として重点的に施策展開、事業投資を行っていく区域を、中心市街地活性化の「重点区域」として位置づけることとします。
○商店街や公共施設など中心市街地として必要とされる要素が蓄積しており、また、歩いて活動できる範囲に都市機能を集積させることに主点を置いたまちづくりを推進するため、一般的な徒歩圏である半径約500メートルの範囲を重点区域とします。

<施策箇所図>
施策箇所図


●中心市街地活性化ビジョンのダウンロード

中心市街地活性化ビジョン1 中心市街地活性化ビジョン2

関連ファイル(一括ダウンロード(高解像度版))をご覧ください。

関連ファイル(一括ダウンロード(軽量版))をご覧ください。

関連情報(中心市街地活性化ビジョンの分割ダウンロード)をご覧ください。

 

ページトップへ

このページに関する情報
関連情報
関連ファイルのダウンロード
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
環境産業部 商工港湾課 中心市街地活性化室
〒016-0821
秋田県能代市畠町10番8号
電話:0185-89-1414
FAX:0185-89-1415
メールでのお問合せ