能代市移住体験ツアー事業補助金交付要綱

   〇能代市移住体験ツアー事業補助金交付要綱

  平成28年3月29日

告示第46号

   (趣旨)

第1条 この告示は、市が主催する移住体験ツアー(以下「体験ツアー」という。)への参加促進を図り、もって能代市への移住定住につなげるため、体験ツアーに参加するための旅費等の一部に対し、予算の範囲内で交付する能代市移住体験ツアー事業補助金(以下「補助金」という。)に関し、能代市補助金等の交付に関する規則(平成18年能代市規則第45号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

   (補助対象者)

第2条 補助対象者は、県外に住所を有する者で、原則として体験ツアーの全行程に参加した者とする。

   (補助対象経費)

第3条 補助対象経費は、体験ツアーに参加した者並びにその配偶者及び同居親族が、体験ツアーに参加するために要した次に掲げる旅費とする。

   (1) 交通費 公共交通機関を利用した場合は、居住地より滞在地までの往復の経費とし、寄り道等の経費
    は対象外とする。自動車を利用した場合も同様とし、自動車の経費は20円/kmで積算し、高速道路に
    係る経費についても対象とする。

   (2) 宿泊費 ホテル、旅館その他の宿泊施設を利用した場合の経費とし、2泊を上限とする。

   (補助金の額)

第4条 補助金の額は、前条に規定する補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とし、5万円を上限とする。

   (補助金の回数)

第5条 補助金の交付回数は、補助対象者につき1回限りとする

   (補助金の申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする者は、能代市移住体験ツアー事業補助金交付申請書(様式第1号)に、領収書の写しを添付して、体験ツアーが終了した日から起算して30日以内に市長に申請するものとする

   (交付の決定)

第7条 市長は、前条の申請書の提出があった者(以下「申請者」という。)について、その内容を審査の上、交付の可否を決定したときは、能代市移住体験ツアー事業補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

   (補助金の確定)

第8条 規則第13条ただし書の規定により、前条の交付(不交付)決定通知書をもって、補助金確定通知書に代えるものとする。

   (実績報告書の省略)

第9条 補助金の実績報告書は、規則第21条の規定により、省略するものとする。

   (補助金の返還)

第10条 市長は、補助金の交付を受けたものが、偽りその他不正行為により補助金を受けたときは、既に交付した補助金の全部又は一部を返還させることができる。

   (その他)

第11条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

     附 則

 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

  様式(略)

ページトップへ

このページに関する情報
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
企画部 総合政策課 政策係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2142
FAX:0185-89-1770
メールでのお問合せ