平成29年度国民健康保険税(医療分+支援金分+介護分)仮算定表
○ この表による税額算定は、あくまでも仮算定ですので、実際の計算とは異なる場合がある(実際の計算では、均等割・平等割の軽減や後期高齢者医療制度に関する軽減・減免などがあるため)ことをご了承願います。

医療分

所得割

課税総所得金額【前年の所得金額(平成28年1月〜12月)−33万円(基礎控除)】
×7.52%

a

均等割

国保加入者数 × 17,500円

b

平等割

21,000円【世帯の加入者数に関わらず定額】

c

A = a + b + c
と課税限度額540,000円のいずれか少ない額

A

支援金分

所得割

課税総所得金額【前年の所得金額(平成28年1月〜12月) −33万円(基礎控除)】 
×3.33% 

d

均等割

国保加入者数 × 7,700円

e

平等割

9,300円【世帯の加入者数に関わらず定額】

f

B = d + e + f
と課税限度額190,000円のいずれか少ない額

B

介護分

40歳から64歳の方のみ対象
(世帯の40歳から64歳の方以外の方については計算されません。)

所得割

課税総所得金額【前年の所得金額(平成28年1月〜12月) − 33万円(基礎控除)】 
×2.91%
(介護分の対象者のみ)

g

均等割

国保加入者数(介護分対象者) × 8,800円

h

平等割

7,700円【世帯に介護分対象者がいない場合は算定しません】

i

C = g + h + i
と課税限度額160,000円のいずれか少ない額

C

年税額( A + B + C )
年度途中に加入したり、やめた場合は、加入月数割での計算となります。

合計

  ※所得割は国保加入者個々の所得について、それぞれ計算し、世帯で合算します。

 介護分(介護納付金)は、40歳から64歳の方のみ、算定の対象となります。年度途中で65歳になる方については、誕生日の前月(1日が誕生日の方はその前々月)までの月数での算定となります。また、年度途中で40 歳となる方については,誕生日のある月(1日が誕生日の場合は前月)の分から、介護分が算定されます。



●課税総所得金額の計算方法(給与の場合)

給与の収入金額

A 

 

Aの金額

給与所得の金額

〜650,999円

0円

651,000円〜1,618,999円

A−650,000円

1,619,000円〜1,619,999円

969,000円

1,620,000円〜1,621,999円

970,000円

1,622,000円〜1,623,999円

972,000円

1,624,000円〜1,627,999円

974,000円

1,628,000円〜1,799,999円

 A÷4=B
  (千円未満の端数切捨て)

 B×4×60%

1,800,000円〜3,599,999円

 B×4×70%−180,000円

3,600,000円〜6,599,999円

 B×4×80%−540,000円

6,600,000円〜9,999,999円

         A×90%−1,200,000円         

10,000,000円〜11,999,999円

A×95%−1,700,000円

12,000,000円〜

A−2,300,000円



●課税総所得金額の計算方法(公的年金の場合)

公的年金の収入金額

・65歳未満の方

Cの金額

公的年金所得の金額

〜700,000円

0円

700,001 円〜1,299,999円

C−700,000円

1,300,000円〜4,099,999円

C×75%−375,000円

4,100,000円〜7,699,999円

             C×85%−785,000円             

7,700,000円〜

C×95%−1,555,000円

・65歳以上の方

Cの金額

公的年金所得の金額

〜1,200,000円

0円

1,200,001円〜3,299,999円

C−1,200,000円

3,300,000円〜4,099,999円

C×75%−375,000円

4,100,000円〜7,699,999円

      C×85%−785,000円      

7,700,000円〜

C×95%−1,555,000円

 


 例を挙げて平成29年度の国民健康保険税を上記表にあてはめて計算してみましょう。
 
 世帯構成が
  夫(42歳) 平成28年中の給与収入 4,000,000円   所得金額 2,660,000円
  妻(38歳) 平成28年中の給与収入 1,000,000円   所得金額  350,000円
  子(11歳)                                           の3人の場合

医療分

所得割

(2,660,000円−330,000円)×7.52%=175,216円

a1

(350,000円−330,000円)×7.52%=        1,504円

a2

平成28年中の所得が0円のため、なし

a3

均等割

 

 国保加入者数 3人×17,500円=             52,500円

b

平等割

世帯

                                                              21,000円

c

医療分計 A=(a1+a2+a3+b+c)=         250,200円
                                                                (100円未満切捨)

A

支援金分

所得割

 (2,660,000円−330,000円)×3.33%=77,589円

d1

 (350,000円−330,000円)×3.33%=        666円

d2

 平成28年中の所得が0円のため、なし

d3

均等割

 

 国保加入者数 3人×7,700円=              23,100円

e

平等割

世帯

                                                               9,300円

f

 支援金分計B=(d1+d2+d3+e+f)=         110,600円
                                                                (100円未満切捨)

B

介護分

介護分は40歳から64歳の方のみ対象となるため、
この例では、夫の介護分が課税されます

所得割

 (2,660,000円−330,000円)×2.91%=         67,803円

g1

 介護分対象外のため、なし

g2

 介護分対象外のため、なし

g3

均等割

 国保加入者数(介護分対象者) 1人×8,800円=8,800円

h

平等割

世帯

                                                                       7,700円

i

 介護分計C=(g1+g2+g3+h+i)=                         84,300円
                                                                             (100円未満切捨)

C

年税額

平成29年度の国民健康保険税 A+B+C = 445,100円

合計







 

ページトップへ

このページに関する情報
関連情報
関連施設マップ
アンケート
このページはお役に立ちましたか?



このページに関するお問合せ
総務部 税務課 国保税係
〒016-8501
秋田県能代市上町1番3号
電話:0185-89-2167
FAX:0185-89-1764
メールでのお問合せ