はじめよう! おうちで読書・家族で読書!


Let’s 家族で読みニケーション!!
 



◎H29年度版 の家読ノートを配布しています!

「うちどく(家読)」とは「家庭読書」の略で、「家族ふれあい読書」を意味します。
 
  家族でいっしょに本を読んだり、みんなで読んだ本について語り合ったりするなど、本をとおして
家族のきずなを深める取組です。
<取組例>
 ・1日15分間、本を読む
 ・毎週土曜日夜7時からをうちどくの日にする
 ・読書の時間はテレビやゲームをつけない   などなど…… 
  
それぞれのご家庭で、やりやすい方法やルールを、   子どもといっしょに考えてから始めてみましょう。


能代市では、家庭での読書の推進を図るため、 毎月第3日曜日を「家族で読書」DAY と定めました。
家族で読書を楽しみましょう!

市内の小中学生を対象に、「うちどくノート」を配布しています。
ノートには、うちどくに
おすすめの本も紹介していますので本選びにお役立てください。
うちどくノートの様式は、「関連ファイル」からダウンロードできます。

<うちどくノートのつくり方>
1.ホームページからダウンロードする
(データはA4サイズ。両面印刷推奨)
2.まとめて、左側をホチキス止めする


ページトップへ