威風堂々と行進 能代市消防出初式

威勢よくまといを振る団員

威勢よくまといを振る団員(能代地域)

 新春恒例の消防出初式が1月5日行われました。
 初めに午前8時20分から二ツ井地域の7分団と二ツ井消防署員100人余りが齊藤市長の観閲を受け二ツ井駅前から駅通りを分列行進。小雪が舞う寒空の中、それぞれの団員が規律正しく行進しました。
 午前9時10分からは、能代地域の分団が畠町通りに集結。掛け声とともに9人が威勢よくまといを振り、その後、齊藤市長の観閲を受け能代地域の17分団と能代消防署員300人余りが分列行進。多くの方が見守る中、威風堂々と行進しました。

規律正しく行進(二ツ井地域)

規律正しく行進(二ツ井地域)


 午前10時からは能代市文化会館で式典が行われました。会場内でまといが振られたあと、殉職消防職団員に対し黙祷。能代市消防団 中田 潤団長が「日ごろの訓練やさまざまな活動に参加し、地域の防災力の向上を図るとともに、地域の皆さんに信頼される消防団員となるように」訓示しました。
 また、消防活動に貢献した198人、2分団がそれぞれ秋田県知事表彰や能代市長表彰などを受けました。

 能代市消防団では、地域の安心・安全の要となる団員を随時募集しています。
 詳しくは、お問い合わせいただくか、ホームページをご覧ください。
 問合せ 能代市防災危機管理室(能代消防署内)電話0185-52-3311
 ホームページ https://www.city.noshiro.akita.jp/c.html?seq=154

 

 

 

 

カテゴリー: 取材記事   パーマリンク