東北中学校バドミントン選手権大会・全国小学生バドミントン選手権大会出場報告

大会への抱負を述べる選手の皆さん

大会の抱負を述べる選手の皆さん

 12月20日、第11回東北中学校バドミントン選手権大会、第27回全国小学生バドミントン選手権大会の出場報告が市役所会議室で行われ、選手ら4人が来庁しました。
 大会に向けて、選手は「自分の試合だけでなく、レベルの高い選手から技術を見て盗むことも大切にして頑張ります」「キャプテンとして精一杯頑張って、メンバーを導いていきたいと思います」「秋田の代表としての自覚を持って試合に臨みたいです。仲間の応援も一生懸命頑張ります」といった抱負を述べました。
 齊藤市長は「自分の力を十二分に発揮して、気持ちで負けないように自信と誇りを持って戦ってきてください」と激励。
 高橋教育長は「大会をきっかけに選手として、人間としてさらに成長してくれることを期待しています」とあいさつしました。

カテゴリー: 取材記事   パーマリンク