福祉避難所の設置のため県立能代支援学校と協定締結

協定書に調印した齊藤市長と佐藤能代支援学校校長

協定書に調印した齊藤市長と佐藤能代支援学校校長


 近年、全国各地で大規模な自然災害が発生しています。
災害発生時には被災者の命を守るため避難所が設置されますが、高齢者や障がい者、妊産婦、子どもたちには過ごしやすい環境とは言い難い状況です。
 このような方々が避難された際、少しでも心休まる避難所となるように災害時に福祉避難所を設置することになり、能代市と県立能代支援学校(佐藤 淳 校長)で福祉避難所の設置運営に関する協定を11月5日、市役所で締結しました。
 障がい者などの生活のノウハウを持つ支援学校のご協力をいただけることで、避難時の生活が少しでも過ごしやすい環境のなるものと考えています。

カテゴリー: 取材記事   パーマリンク