~地域の方々に上質な音楽を~能代オペラ音楽祭第7回公演が行われました

 

響き渡る美しいハーモニー

響き渡る美しいハーモニー

 8月26日、能代市文化会館で能代オペラ音楽祭第7回公演「プッチーニ・ガラコンサートとオペラ『ラ・ボエーム』第2幕」が行われました。
 今回の公演はイタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニの作品にスポットを当てたもので、「トゥーランドット」や「蝶々夫人」といったプッチーニの名曲や、オペラの名作の一つとして人気の高い「ラ・ボエーム」第2幕が披露されました。
 ステージには国内外で活躍するプロのオペラ歌手や、能代オペラ音楽祭合唱団、児童合唱団の総勢約70人が出演。曲の情景や登場人物の感情を、会場に澄み渡るような独唱や迫力ある合唱で巧みに表現し、集まった約700人の聴衆を魅了していました。

カテゴリー: 取材記事   パーマリンク