誰もが旅行を楽しむために ひまわり号

車内で歓談する参加者

車内で歓談する参加者

能代駅で行われた出発式

能代駅で行われた出発式

 障がいのある人もない人も、子どもも高齢者も誰もが旅行を楽しむことのできる社会を目指し、毎年行われている列車の旅「ひまわり号」が6月10日、ボランティアを含む150人余りが参加し開催されました。
 この日は能代駅で出発式を終えたあと、午前7時31分発の列車に乗り青森県深浦町の十二湖へ。車内では楽しく歓談し、十二湖駅に到着。十二湖では幻想的な湖を散策したり、大正琴の演奏を聞いたりして楽しく過ごしていました。

カテゴリー: 取材記事   パーマリンク