ゆっちゃん利用者10万人達成

齊藤市長から記念品を受け取る菊池さん

齊藤市長から記念品を受け取る菊池さん

 27年8月30日にオープンした二ツ井地域の高齢者ふれあい交流施設ゆっちゃんの利用者数が、4月12日に10万人を達成しました。
 10万人目の来館者となったのは、二ツ井町荷上場の菊池直子さん(67歳)で、齊藤市長とともに記念のくす玉を割り、記念品として木工品や商品券などを受け取りました。
 菊池さんは「とてもびっくりしています。ゆっちゃんは週に数回、運動などで汗をかいた後に利用しています。この施設ができる前は市外の温泉施設などに行っていたので、近くにできて本当に良かったと思います。ここのお湯に入ったあとは肌がツルツルしてとても気持ちがよいです」と話しました。
 ゆっちゃんは、市が子どもから高齢者まで幅広く利用できる入浴施設として二ツ井地域の中心部に整備したもので、二ツ井町梅内地区の源泉を利用したお風呂が特徴です。
 10万人の利用者を迎えた松岡一昭施設長は「当初の予定より多くの方に利用していただき、10万人のお客様を迎えることができました。これからも交流の場として、皆さんの来館をお待ちしています」と話しました。

高齢者ふれあい交流施設ゆっちゃん
所在地  能代市二ツ井町字下野家後97
電話   0185-88-8426
開館時間 午前9時~午後9時
休館日  毎週月曜日、年末年始

 


カテゴリー: 取材記事   パーマリンク